【おかずのクッキング】堀知佐子のおせち「エビのせ錦玉子・ぶりタラの紅白南蛮」

スポンサーリンク

2021年12月18日(土)テレビ朝日系「おかずのクッキング

しっとりエビをラップで丸めて華やかに。
タラは柔らかに。
堀知佐子さんのおもてなしに使えるレシピです。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→おせち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「エビのせ錦玉子」

材料(4個分)

固ゆで卵:3個
殻付きエビ:4尾
砂糖:小さじ2
塩:適量
刻みパセリ:適量

1個分

69kcal 塩分0.4g

作り方

① の下ごしらえ
・ 鍋に卵と水を入れ加熱、沸騰してから7~8分茹でる。
・ 殻をむき黄身白身に分ける。
・ 白身はおろし金で潰しながら削る。砂糖で味付け。
※ 水分が出るので塩は控えめに。
・ 黄身はザルなどで濾す。砂糖で味付け。
② エビの下ごしらえ
・ を入れた湯にエビを入れる。
・ 表面がゆらゆらする程度の優しい火加減2分茹でる。
・ 火を止めそのまま冷ます
・ 粗熱が取れたら丁寧に殻をむく。
③ ラップにエビをのせ黄身白身を1/4量のせる。
④ キュッと茶巾に絞る。
⑤ 結び目を下にして冷蔵庫で20分休ませる。
⑥ 刻みパセリをあしらう。

「ブリ、タラの紅白南蛮」

材料(4人分)

ブリ:2切れ
生だら:2切れ
人参:20g
玉ねぎ:10g
パプリカ:10g

片栗粉
揚げ油
【南蛮酢】
酢:100㎖
水:100㎖
醤油:大さじ2
砂糖:大さじ2
赤唐辛子:1本

1人分

214kcal 塩分1.2g

作り方

① 下ごしらえ
・ ブリタラは一口大。骨を除きをして20分おく。
・ 赤唐辛子は半分に割る。
・ 赤パプリカ玉ねぎは薄切り。
・ 人参はせん切り。
② 鍋に南蛮酢の材料野菜を入れて加熱。
※ 野菜の甘みで酢がまろやかに。
③ ポリ袋に片栗粉を入れ、水けを拭いたを入れてシャカシャカ、をつける。
④ 余分な粉を払って170℃タラから揚げる。
※ 油が汚れにくいタラを先に。
※ カリッとし、箸先に振動が伝わったら揚げ上がり。
⑤ 続けてリを揚げる。
※ しっかり揚げると味が染み込みやすい。
⑥ 保存袋に南蛮酢を入れが熱いうちに漬ける。
⑦ 空気を抜くように口を閉じ、平らなバットなどに置いて冷めるまでおく。
⑧ 小ねぎをあしらう
※ 冷蔵庫で5日間保存。

「鯛巻き利休だれ」

① スプラウト鯛の刺身で巻く。
② 豆板醤練りごまのソースでいただく。

「紅白タコなます」

① スライスして茹でたれんこんを敷く。
② マスタードなどで和えたタコをのせ、れんこんで挟む。

「かぶと生ハムのひらりサラダ」

① かぶをしんなりさせて生ハムと和える。

以上を少しずつ洋皿に盛り付けても華やぐ。
ってなレシピがコチラ↓にのってます、ですって、チッ

今回紹介された土井先生のレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました。
今日も楽しい食卓でありますように!

>>関連タグ→おせち

タイトルとURLをコピーしました