【きょうの料理】「牡蠣の混ぜごはん」作り方|荻野恭子の手仕事

スポンサーリンク

2021年12月13日(月)NHK「きょうの料理

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
12月の手仕事は「牡蠣」です。

荻野恭子さんが
本場の味を家庭向けに作りやすくアレンジ!

オイスターソース&牡蠣のオイル漬け」の展開例
手仕事オールスターズになります。

ソースと牡蠣のオイル漬けをW使いする「牡蠣の混ぜごはん」は
滋味あふれるおいしさ!
早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「牡蠣の混ぜごはん」

材料(2人分)

牡蠣のオイル漬け:4個
ごはん:300g
厚切りベーコン:1枚(45g)
ねぎ:10㎝(20g)
オイスターソース:大さじ1
牡蠣のオイル漬けの油:大さじ1(玉ねぎも含める)
粗挽黒コショウ:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ 牡蠣のオイル漬けは粗く刻む。
・ ベーコンは横に5㎜幅。
・ ねぎは小口切り。
② ボウルに温かいごはん牡蠣ねぎを順に入れる。
③ オイスターソースをかけて黒コショウをふる。
③ フライパンに牡蠣のオイル漬けの油中火で熱し、ベーコンを炒める。
④ カリッとしたらボウルに回しかけ全体を混ぜる。

全量

460kcal 塩分1.8g

今回紹介されたレシピ

オイスターソース&牡蠣のオイル漬け
オイスターソース焼きそば
牡蠣の混ぜごはん

おすすめレシピ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました