【あてなよる】大原千鶴「ピーマンのラザーニャ風」ピーマンで呑む

スポンサーリンク

ワインエキスパートの資格を持つ早見優さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「ピーマン」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの小粋なレシピ

ここでは
鶏レバーで大人味に仕上げる「ピーマンのラザーニャ風」を
ご紹介します!

>>関連タグ→ピーマン 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ピーマンのラザーニャ風」

秋田産木桶仕込みの日本酒をワイングラスで。
聞けば聞くほどいいお酒なんですね。13%。
「飲みやすい」
「香りが花のよう」

材料

耐熱容器2~3個分

牛ひき肉:150g
玉ねぎ:1/2個(100g)
人参:1/4本(50g)
セロリ:10g
にんにく:1片
トマトペースト:大さじ1
赤ワイン:60㎖
砂糖:小さじ1/2
塩:小さじ1/2
鶏レバー:30g
濃口醤油:小さじ1
ピーマン:6~8個
@湯:50㎖
@顆粒チキンスープ:小さじ1/4
【ホワイトソース】
バター:20g
小麦粉:20g
牛乳:300㎖
塩:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ 玉ねぎ人参セロリにんにくはフードプロセッサーでみじん切り。
・ 鶏レバーは細かく刻む。
② 鍋にオリーブ油(大さじ1)を入れて中火野菜を入れてヘラでゆっくり5分以上炒める。
※ 野菜の甘みを出す。
③ 牛ひき肉を加えて炒め、の色が変わったらトマトペースト赤ワインを加えて蓋。
④ 時々混ぜながら弱火30分以上煮る。
※ 途中焦げ付きそうなら(適量)を足す。
⑤ 砂糖で味を調え鶏レバー濃口醤油を加え、5分煮てレバーに火を通す。
⑥ ホワイトソースを作る。小鍋にバターを溶かし小麦粉を加えてヘラで練るように弱火で炒める。
⑦ 牛乳を一気に加えて泡立て器でよく混ぜる。
⑧ 中火で絶えず混ぜながらトロミがついて全体が沸騰するまでソースに火を通す。
⑨ で味を調える。
⑩ ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を除く。
⑪ オリーブ油(小さじ1)を入れて熱したフライパンで焼き色をつける。
⑫ で溶いたチキンスープを注ぎ、蓋をしてしんなりするまで蒸し煮。
⑬ 耐熱器にピーマンミートソースホワイトソースピーマンミートソースホワイトソースの順に重ねる。
⑭ あればカラフルピーマンの輪切りをのせる。
⑮ オーブントースターで表面に焦げ目がつくまで焼く。

れれらそそ~みど~♪の「新政」かと思われます↓

こちらのメニューにも「新政」のお酒を合わせていました↓

ボトルワインを飲みきれない場合は?

・ 栓をして冷蔵庫へ。
・ 2日目の方が空気を吸ってやわらかくなり美味しくなる場合も。
・ 3日スパンで考え、アテで美味しく飲んでみる。
→ 発酵食品などのアテでワインを生き返らせることも。
・ 氷にしてサングリアにしたり。

「ピーマンで呑む」レシピ

ピーマン詰め
ピーマンのラザーニャ風
ピーマンdeジェノベーゼ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました