【3分クッキング】年越しそばにも「鴨ロース・鴨鍋・卵焼き」荒木典子

スポンサーリンク

2021年12月30日(木)日本テレビ系「キューピー3分クッキング

荒木典子さんの「おせち」レシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→おせち 卵焼き 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「卵焼き」

材料

卵焼き器(14×18㎝)

卵:4個
だし汁:大さじ3
砂糖:大さじ2
みりん:小さじ1
淡口醤油:小さじ1

作り方

① ボウルにを割り入れだし汁砂糖みりん淡口醤油を加えて混ぜる。
② 卵焼き器を熱し、油を薄く引いてなじませる。
③ 卵液の1/5~1/4量を流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら手前に半分に折る。
④ 奥側に寄せ、空いた部分にをなじませる。
⑤ 同様に卵液の1/5~1/4量を卵焼きの下にも流し入れて焼き、半分に折る。
⑥ 4~5回繰り返して厚焼き卵を焼き、粗熱を取る。
⑦ 4辺の端を切り落とし、好みの大きさに切り分け器に盛る。
※ 切らずに大きいまま保存容器に入れ、冷蔵庫で2~3日保存。
※ 食べるときに切り分ける。四角く切るとモダン。

「鴨ロース」

材料

合鴨抱き身:2枚(800g)
【タレ】
醤油:1/2カップ
みりん:1/2カップ酒:1/2カップ

作り方

① 下ごしらえ
・ 鴨肉は余分な脂を除き皮目に縦7~8㎜間隔で切り目を入れる。
※ 冷蔵庫から出したてのかたい方が切りやすい。焼くのは常温に戻してから。
※ 除いた部位は鴨鍋用に取り置く。
② フライパンを弱めの中火で熱し、鴨肉の皮目を下にして入れる。
③ 出てきた脂をこまめに拭きながら、こんがり焼き目がつくまで焼く。
④ 返して1分焼く。
⑤ 鴨肉がぎりぎり入るくらいの深めの耐熱バット(耐熱ボウル)に鴨肉を入れる。
⑥ 同じフライパンの余分な脂を拭きタレの材料を入れひと煮立ち。
⑦ 鴨肉に注ぎ、落し蓋にペーパータオルをかぶせる。
⑧ 蒸気が上がった蒸し器に入れ、ふきんで包んだ蓋をして10分蒸す。
※ 容器が小さくて鴨肉が出ちゃってる場合は5分で裏返す。
⑨ 余熱で火が通り過ぎないように鴨肉はすぐに取り出し、深めの容器に立てかけて冷ます。
⑩ 漬けダレも冷ます。
⑪ 鴨肉はポリ袋に入れ、タレを加える。
⑫ タレに漬かるように空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に一晩おいて味をなじませる。
⑬ 汁けをきり、薄く切って器に盛る。
※ ポリ袋に入れた塊のまま冷蔵庫で5日保存。
※ 切り口が変色しやすいので、食べる直前に切る。

「鴨鍋」

材料

鴨ロース:1枚分
だし昆布:10㎝角
水:2.5カップ
鴨ローズの漬けダレ:3/4カップ
セリ:1把
長ねぎ:2本
鴨肉の脂:適量
そば:乾麺200g

作り方

① 土鍋にだし昆布を入れて30分おく。
② 弱火にかけ、泡が出てきたらだし昆布を取り出す。
③ 鴨ロースの漬けダレを加えて煮立て、アクを除く。
④ 鴨ロースは薄切り。セリ長ねぎは5㎝長さ。
⑤ フライパンに鴨肉の脂(油:小さじ1でも◎)を熱して脂を溶かす。
⑥ 長ねぎを加えて表面をこんがり焼く。
⑦ そばは熱湯でかために茹でてザルに上げ、水で洗い水けをきる。
⑧ 土鍋に長ねぎを加えて火にかけ、柔らかくなったら鴨ロースセリそばを加えて温める。
※ 好みで七味唐辛子、柚子コショウを添えて。

1月号↓

今週の「おせち」レシピ

黒豆・数の子・たたきごぼう
田作り・栗きんとん
花れんこん・煮なます
卵焼き・鴨ロース・鴨鍋
白みそ雑煮

荒木典子さん↓

おすすめレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→おせち 卵焼き 

タイトルとURLをコピーしました