【きょうの料理】ワタナベマキ「蒸し鶏のレモンしょうがタレ」作り方

スポンサーリンク

2022年1月10日(月)NHK「きょうの料理
「ワタナベマキのしみじみ冬おかず」

蒸し物と乾物のおかずを学びます。

ここでは
保存OKで
使い勝手も抜群な「しっとりふっくら柔らか蒸し鶏」を学びます。
タレも一緒に蒸し上げるのがマキさん流。
ほっこり蒸しレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→蒸し鶏 サラダチキン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「蒸し鶏のレモンしょうがタレ」

材料(3~4人分)

24㎝のせいろ使用。

鶏もも肉:2枚(500g)
ブロッコリー:1/3個(100~120g)
【レモンしょうがタレ】
おろししょうが:1片分
レモン汁:大さじ2
ごま油:大さじ1
塩:小さじ1/2

1人分

300kcal 塩分1.2g

作り方

① 下ごしらえ
・ 鶏肉は常温に戻し、余分な脂を取り除く。
・ 厚みのある部分を切り開いて厚さを均一にし、皮にフォークで穴を開ける。
・ (大さじ2)をよく揉み込み(少々)をふる。
・ ブロッコリーは小房に分ける。
・ レモンしょうがタレの材料は小さめの耐熱容器に入れてよく混ぜ合わせる。
・ せいろにオーブンシートを敷く。
※ はみ出し過ぎに注意。
② せいろに鶏肉皮を上にして重ならないように並べる。
③ あいたところにレモンしょうがタレの器を入れて蓋。
※ オーブンシートの外側に置くのが◎
④ 蒸気の上がった鍋にのせ、強火6分蒸す。
⑤ ブロッコリーを加えてさらに3分蒸し、火を止める
⑥ そのまま5分おき余熱で火を通す
⑦ 食べやすく切り、レモンしょうがタレをかける。
※ 鶏肉は粗熱を取り、ジッパー付き保存袋に入れて冷蔵庫で4日間保存。

蒸し板、便利ですね↓

「ねぎ香味たれ」

ねぎ:みじん切り1/4本
しょうが:みじん切り1/2片分
醤油:大さじ1
ごま油:大さじ1
黒酢:小さじ2
豆板醤:小さじ1/2
を全て混ぜ合わせ、レモンしょうがタレと同様に蒸す。

全量

150kcal 塩分3.1g

地獄蒸し(フライパン蒸し)

① フライパンに食材が入った耐熱器を入れる。
※ フライパンと器の間に付近などをかませると安定。
② フライパンに水を注いで蓋。
③ 中火にかけて蒸す。

今回のレシピなら中火で8~9分蒸す。
ブロッコリーを加えてさらに3分蒸し、火を止める。
そのまま5分おき余熱で火を通す。

今回紹介されたレシピ

【蒸し料理】
蒸し鶏のレモンしょうがタレ
豚と里芋のみそ蒸し
さつまいもの梅蒸し

【乾物料理】
切干大根のきんちゃく煮
クーブイリチー(昆布の炒り煮)
高野豆腐のトロトロ煮

関連記事

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→蒸し鶏 サラダチキン

タイトルとURLをコピーしました