【まる得マガジン】魔法のびん調理①「ケチャップ・とろとろオムライス」市沢衣久

スポンサーリンク

NHK「まる得マガジン

意外なものを「びん調理」で手軽に作るシリーズです。

何といっても
① 材料をびんに入れて
② 湯煎するだけ!

不器用なタイプもALL OKらしいので
ちゃちゃっとチャレンジしてみます。

1回目は「ケチャップ」です。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→魔法のびん調理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お手軽びん調理

① 一度に数種類の料理ができる。
② びんと鍋さえあれば!
③ 1人分のお助けおかずに。

びん調理の注意点

① 煮沸できるびん、蓋はスクリュータイプのものを使用。
② 鍋底に布巾を入れて水から加熱。
③ 湯は具が浸る高さで。
④ 鍋から出すときはヤケドに注意。
⑤ 鍋から取り出したびんは布巾の上に。
⑥ 加熱の際、蓋を閉めすぎない!

「ケチャップ」

フレッシュでサラッとした仕上がり。
レンチンして煮詰めて使っても◎

材料(びん1本分)

450~475㎖のびんで300gを作ります

トマトの水煮缶:ホール200g
おろし玉ねぎ:1/4個(正味60g)
おろしりんご:1/4個(正味60g)
酢:小さじ1
シナモンスティック:1本
ローリエ:1枚
塩:小さじ1/2

作り方

① びんにホールトマト玉ねぎりんごを入れる。
② スプーンで混ぜながらトマトを押し潰す。
※ 大きな塊がなくなればOK。
③ シナモン、ローリエを加える。
④ 蓋を閉め、びんを回しながら傾けて全体をなじませる。
⑤ 蓋を少しだけ緩める。
※ 蓋を持ち上げて外れない程度。
⑥ 鍋に布巾を敷いてびんを入れる。
⑦ トマトが隠れるくらいの高さまで水を注いで中火
⑧ フツフツと全体に泡が出て沸騰したら弱めの中火15分加熱。
⑨ 乾いた布巾の上に取り出す。
⑩ 粗熱が取れたら蓋を外しシナモンローリエを取り出す。
※ 冷蔵庫で3~4日間保存。

「とろとろオムライス」

材料(2人分)

上記ケチャップ:100g+大さじ2
ごはん:250g
鶏もも肉:150g
@玉ねぎ:1/4個
@人参:1/4本
@ピーマン:1個
卵:4個

作り方

① 下ごしらえ
・ 玉ねぎは粗みじん。
・ 人参ピーマンはみじん切り。
・ 鶏肉は1㎝角。
② フライパンにサラダ油(小さじ2)を中火で熱し鶏肉を炒める。
③ の色が変わったらを加えて塩・コショウ(各適量)、1分炒める。
④ トマトケチャップを加え汁けがなくなるまで煮詰める。
⑤ 温かいごはんを加えて炒め、塩・コショウで味を調え器に盛る。
⑥ フライパンをキレイにしサラダ油(小さじ2)を中火で熱する。
⑦ 塩・コショウ(各少々)を加え、半量を流し入れて混ぜる。
⑧ 半熟になったらごはんにのせる。
⑨ トマトケチャップ(大さじ2)を耐熱皿に入れてふんわりラップ、600Wで20秒レンチン。
⑩ にかける。

煮沸OK日本製↓

魔法のびん調理

①「ケチャップ・とろとろオムライス
②「カッテージチーズ・カナッペ
③「マッシュポテト・ポテトグラタン
④「きのこソース・キノコと肉団子のスープ
⑤「万能!五目のもと・がんもどき
⑥「魚のコンフィ・サーモンと青じそのパスタ
⑦「キーマカレー・タコライス
⑧「ベリーソース・ブルーベリーソースパイ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→魔法のびん調理

タイトルとURLをコピーしました