【ヒルナンデス】城二郎|鶏むね肉のウィーン風パン粉焼き・鶏むね肉のカルボナーラ

スポンサーリンク

2022年2月2日(水)日本テレビ系「ヒルナンデス!

今日使いたいのは
むね?モモ?どっち?
鶏肉のレシピをプロが大論争。

むね派・城二郎さんのレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→城二郎 鶏むね肉

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「鶏むね肉のウィーン風パン粉焼き」

材料

鶏むね肉:皮なし1枚(300g)
塩:3g
椎茸:2枚
豚ひき肉:100g
オイスターソース:大さじ1
パン粉:大さじ2
オリーブ油:大さじ3
パセリ:ひとつまみ
【ソース】
ケチャップ:大さじ1
バター:10g
醤油:小さじ1
粒マスタード:大さじ1
水:大さじ1.5

作り方

① 下ごしらえ
・ 鶏むね肉は横半分にカット。包丁のみねで30回ほど格子状にたたき塩をふる。
・ 椎茸はみじん切り。
② ポリ袋に豚ひき肉、椎茸、オイスターソースを入れて全体になじませる。
③ 鶏むね肉の表面に②を塗るようにのせる。
④ その上からパン粉をふって手で押さえる。
※ 肉が隠れるくらい、覆うように。
⑤ フライパンを強火に熱してオリーブ油を引く。
⑥ 鶏肉をパン粉側から弱火で5分焼く。
⑦ 色よく焼けたら返して3分焼き、火を止めて2分おく。
⑧ 器に盛る。
⑨ フライパンの油を拭き取りソースの材料を入れて中火。
⑩ 鶏肉にソースをかけパセリをふる。

「鶏むね肉のカルボナーラ」

材料

鶏むね肉:皮なし1枚(300g)
ベーコン:50g
玉ねぎ:1/2個
にんにく:2片
@卵黄:2個
@粉チーズ:15g
@チキンブイヨン:50㎖+250㎖
@粗挽き黒コショウ:ひとつまみ
卵白:1個
片栗粉:大さじ1
塩:ひとつまみ
粗挽き黒コショウ:ひとつまみ
オリーブ油:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ ベーコンは拍子木切り。
・ 玉ねぎは5㎜にスライス。
・ にんにくはスライス。
・ 鶏むね肉は塩(ひとつまみ)で下味。繊維に逆らって一口大。
② ボウルAに@(ブイヨンは50㎖)を入れて混ぜる。
③ ボウルBに卵白、鶏肉、片栗粉を入れてよく混ぜる。
④ 鍋に沸かない程度の湯を用意、Bを1分下茹でして皿に取り置く。
⑤ フライパンを中火、オリーブ油を引いてベーコンを炒める。
⑥ 全体から脂が出たら玉ねぎを加える。
⑦ しんなりしたらにんにく、残りのブイヨンを加えて煮詰める。
⑧ 半量になったら鶏肉を戻し入れAを入れて弱火。
⑨ トロリとしたら手早く盛り付けコショウをふる。

今回紹介された「むねvsもも」

【鶏むね肉】
城二郎さん「鶏むね肉のウィーン風パン粉焼き・カルボナーラ
長田知恵さん「鶏むね肉のクリーム煮・だし山椒のやみつき茹で鶏

【鶏もも肉】
マコさん「時短唐揚げ・餅とろサムゲタン
ぐっち夫婦「鶏もも肉ギョーザ・鶏もも肉のトマトチーズロール

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→城二郎 鶏むね肉

タイトルとURLをコピーしました