【まる得マガジン】魔法のびん調理⑤「万能!五目のもと・がんもどき」市沢衣久

スポンサーリンク

NHK「まる得マガジン

意外なものを「びん調理」で手軽に作るシリーズです。

何といっても
① 材料をびんに入れて
② 湯煎するだけ!

不器用なタイプもALL OKらしいので
ちゃちゃっとチャレンジしてみます。

5回目は「五目の素」です。
ごはんのお供に
混ぜごはんに
五目すしに
汁ごと使って煮物や餡かけに。

とっても便利な一品
早速ご紹介します!

>>関連タグ→魔法のびん調理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お手軽びん調理

① 一度に数種類の料理ができる。
② びんと鍋さえあれば!
③ 1人分のお助けおかずに。

びん調理の注意点

① 煮沸できるびん、蓋はスクリュータイプのものを使用。
② 鍋底に布巾を入れて水から加熱。
③ 湯は具が浸る高さで。
④ 鍋から出すときはヤケドに注意。
⑤ 鍋から取り出したびんは布巾の上に。
⑥ 加熱の際、蓋を閉めすぎない!

「五目のもと」

材料(びん1本分)

450~475㎖のびんで300gを作ります

人参:1/3本分(50g)
れんこん:50g
油揚げ:1/2枚(25g)
スライス干し椎茸:7g
切干大根:5g
@醤油:大さじ1
@みりん:小さじ1
@砂糖:小さじ1
@粉末昆布茶:小さじ1/2

作り方

① 下ごしらえ
・ 人参、れんこんは皮を剥いてみじん切り。
・ 油揚げは熱湯をかけ、湯を切って粗みじん。
② びんに(3/4カップ150㎖)を入れる。
③ 干し椎茸をサッと洗い、細かくちぎって入れる。
④ 切干大根もサッと洗い、細かく切って入れ10分おく。
⑤ を加えてサッと混ぜ、人参れんこん油揚げを加える。
⑥ 蓋を閉め、数回上下を返すように振って汁を全体になじませる。
※ 蓋の内側に張り付いた具はトントンして落とす。
⑦ 蓋を少しだけ緩める。
※ 蓋を持ち上げて外れない程度。
⑧ 鍋に布巾を敷いてびんを入れる。
⑨ 中のが隠れる高さまで水を注ぎ入れて中火
⑩ フツフツと全体に泡が出て沸騰したら弱めの中火15分加熱。
⑪ 乾いた布巾の上に取り出す。
⑫ 粗熱が取れたらかき混ぜる。
※ 冷蔵庫で4~5日保存。

「がんもどき」

材料(2人分)

五目のもと:100g
木綿豆腐:350g
片栗粉:小さじ2
塩:ひとつまみ
ごま油:大さじ3
大根おろし:適量
おろししょうが:適量
醤油:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ 豆腐はペーパータオルで包んでバットにのせる。バットなどをのせて30~60分しっかり水けをきる。
・ ボウルに豆腐五目のもと片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
・ 4等分して丸く成形し、少し平らにする。
② フライパンにごま油中火で熱し、生地を入れて片面4分ずつこんがり焼く。
※ フライパンの縁を使って側面まで焼き色をつける。
③ 器に盛り、薬味などを添える。

煮沸OK日本製↓

魔法のびん調理

①「ケチャップ・とろとろオムライス
②「カッテージチーズ・カナッペ
③「マッシュポテト・ポテトグラタン
④「きのこソース・キノコと肉団子のスープ
⑤「万能!五目のもと・がんもどき
⑥「魚のコンフィ・サーモンと青じそのパスタ
⑦「キーマカレー・タコライス
⑧「ベリーソース・ブルーベリーソースパイ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→魔法のびん調理

タイトルとURLをコピーしました