【きょうの料理】後藤加寿子「春のちらし寿司」作り方|お節句に

スポンサーリンク

2022年2月21日(月)NHK「きょうの料理
お節句やお祝いを彩る華やかな「おすし」です。

具の種類が少ないのが嬉しいレシピ
その分、だしを加えて米を炊くことで
旨み豊かに仕上がります。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→ちらし寿司

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「春ちらし」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4-3.jpg

「椎茸の含め煮」

干し椎茸:8枚(50g)
干し椎茸の戻し汁:1カップ
だし:1カップ
砂糖:大さじ3
@醤油:大さじ2
@みりん:大さじ1+1/3
@薄口醤油:小さじ2

「椎茸の含め煮」作り方

① 下ごしらえ
・ 干し椎茸はサッと洗ってヒタヒタの水に浸け一晩戻す。
・ 軸を除き水けを絞って3~4㎜の薄切り。戻し汁は取り置く。
② 鍋に干し椎茸戻し汁だしを入れて中火
③ 煮立ったらアクを除き、弱火3~4分煮る。
④ 砂糖を加えてさらに5分煮る。
⑤ 醤油みりん薄口醤油を加えごく弱火15分煮る。
⑥ 煮汁がヒタヒタになったら火を止めて粗熱を取る。
※ この状態で冷凍し、使う時に温め直しても◎
※ 汁ごと保存袋に入れて冷凍庫で1か月保存。
⑦ 汁けを切り、飾り用に1/4量は薄切り、残りは5㎜角。

「人参の含め煮」

人参:100g
だし:1カップ
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
薄口醤油:小さじ1/2

「人参の含め煮」作り方

① 人参は2㎝長さのせん切り。
② 鍋に入れてだしみりん薄口醤油を加えて中火
③ 煮立ったらアクを除き、弱火5~6分煮る。
※ アクは除いて色よく仕上げる。
④ 粗熱を取る。

「すし飯」5~6人分

米:3合(540㎖)
だし:270㎖
水:270㎖
酒:大さじ2
【すし酢】
酢:大さじ5
砂糖:大さじ2.5
塩:小さじ1.5

「すし飯」作り方

① は洗ってザルに上げ30分おく。炊飯釜に入れて水、だし、を加えザッと混ぜてすぐに炊飯。
② すし酢を作る。
・ 耐熱容器に砂糖を入れ600Wで20秒レンチン、よく混ぜる。
※ ラップはしない。レンチン加熱でまろやかに。
③ 調理台にラップを50~60㎝幅に広げて敷く。
④ 同じ幅のラップをもう1枚、少し重ねて上に広げ正方形にする。
⑤ 炊けたごはんをラップの中央にのせ、すし酢を回しかける。
⑥ しゃもじで切るように混ぜて1㎝ほどの厚さに広げ、扇いで余分な水分を飛ばす。
※ すし飯は150~200gずつラップで包み冷凍庫で1か月保存。※ 600Wで2分30秒~3分レンチンし錦糸卵をのせたら「蒸しずし」に。

他の具材

ちりめんじゃこ:40g
卵:5~6個(1人1個)
ブロッコリー:2~3房
いくらしょうゆ漬け:適量
しょうが甘酢漬け:せん切り適量
サラダ油

1人分

430kcal 塩分3.2g

作り方

具を混ぜ込む

① 角切り椎茸人参は人肌に温め直し、ザルに上げて汁けを切る。
② ちりめんじゃこはザルに入れ、熱湯をかけて湯をきる。
③ すし飯が冷めないうちに具材⑨を散らし、切るように混ぜる。
④ ラップで包み涼しい場所に3時間置いて味をなじませる。
※ 具とすし飯が人肌ほどの温かさのうちに合わせるのが◎

卵・ブロッコリー

① はボウルに割りほぐし、(小さじ1/3)を加えて混ぜる。
② 卵焼き器にサラダ油(適量)を弱めの中火で熱し、卵液を玉杓子(1/2杯強)流す。
※ 少し厚め、ふんわりとボリューム感を出す。卵1個分で2枚が目安。
③ 表面が乾いたら返し、反対側もサッと焼いて取り出す。
④ 残りも同様に。
⑤ 粗熱を取って食べやすい長さのせん切り(錦糸卵)
⑤ ブロッコリーは多めのを加えた熱湯でサッと茹で、手早く冷まして小さく切る。
⑥ 器にすし飯を盛り、錦糸卵薄切り椎茸いくらブロッコリーを飾りしょうがの甘酢漬けをのせる。

ホントにおすすめ「ちらし」レシピ

錦糸卵は
大原さんのレシピが分かりやすく破れにくいです↓

はるみさんのレシピは
カステラ風の卵を角切りに↓

冷凍エビピラフをちらし寿司に↓

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→ちらし寿司

タイトルとURLをコピーしました