【きょうの料理】後藤加寿子「ひな手まり」作り方|お節句に

スポンサーリンク

2022年2月21日(月)NHK「きょうの料理
お節句やお祝いを彩る華やかな「手まり寿司」です。

お刺身とラップでギュッ!
一口サイズが映えるレシピです。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→ちらし寿司

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ひな手まり」

「すし飯」材料(4人分)

米:2合(360㎖)
@水:360㎖
@昆布:5㎝四方1枚
@酒:大さじ1
☆酢:大さじ4
☆砂糖:大さじ1.5
☆塩:小さじ1

1人分

410kcal 塩分2.0g

「すし飯」作り方

① 下ごしらえ
・ は洗ってザルに上げ30分おく。
・ 炊飯釜に入れてを加えザッと混ぜてすぐに炊飯。
② すし酢を作る。
・ 耐熱容器に砂糖を入れ600Wで20秒レンチン、よく混ぜる。
※ ラップはしない。
③ 調理台にラップを50~60㎝幅に広げて敷く。
④ 同じ幅のラップをもう1枚、少し重ねて上に広げ正方形にする。
⑤ 炊けたごはんをラップの中央にのせ、すし酢を回しかける。
⑥ しゃもじで切るように混ぜて1㎝ほどの厚さに広げ、扇いで余分な水分を飛ばす。
⑦ すし飯(120g)にちりめん山椒を加えて混ぜ、4等分して丸める(茶巾寿司用)
⑧ 残りは30gずつ丸める(手まり寿司用)

「手まり寿司」材料

まぐろ刺身:8切れ(100g)
鯛刺身:8切れ(100g)
おろしわさび:適量
木の芽:適量

「手まり寿司」作り方

① 手のひらにラップを広げて刺身を置く。
② わさび(少々)をのせる。
※ にはわさび(少々)と木の芽をのせる。
③ すし飯をのせてラップで包み、ひねって丸く整える。

「茶巾寿司」材料

卵:2個
砂糖:小さじ1
塩:少々
水溶き片栗粉
 片栗粉:小さじ1/2
 水: 小さじ1             
ちりめん山椒:大さじ1~2
三つ葉:4本
しょうが甘酢漬け:適量

「茶巾寿司」作り方

① 下ごしらえ
・ ボウルにを割りほぐし砂糖水溶き片栗粉を加える。
・ よく混ぜて濾す。
・ 三つ葉はサッと茹でる。
③ 表面加工のフライパン(直径20㎝)にサラダ油(少々)を弱めの中火で熱し卵液の1/4量を流す。
④ 表面が乾いてきたら返し、反対側もサッと焼いて冷ます。
⑤ 残りも同様に、計4枚焼いて冷ます。
⑥ 薄焼き卵すし飯をのせてくるむ。
⑦ 三つ葉の茎で結び、余分は切り落とす。
⑧ 手まり寿司とともに器に盛り、しょうがの甘酢漬けを添える。
※ ふきの葉をあしらっても。

おすすめレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→ちらし寿司

タイトルとURLをコピーしました