【きょうの料理】今井亮「タラの塩レモン蒸し」作り方|レモン活用術

スポンサーリンク

おまちかねの「とっておき!レシピリレー

今月は人気講師名が
「レモンのレシピ」を披露してくださいました。

旬を迎えた国産レモンを皮まで楽しみます。

今井亮さんのとっておきは
レモンを塩で漬けるだけの「塩レモン
応用レシピも
ご紹介します!

>>関連タグ→今井亮 レモン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「塩レモン」

パスタやソテーに。

材料

国産レモン:3個(300g)
粗塩:60g(レモンの重量の20%)

全量

160kcal 塩分59.7g

作り方

① レモンはヘタを除き皮ごとよく洗う。
② 水けを拭き7~8㎜厚さの輪切り。
③ 清潔な保存容器に粗塩の1/5量を入れ、レモンの1/4量を重ねる。
④ 残りも同様に交互に重ね、で蓋をする。
⑤ 容器に蓋をし、1日に1度揺すって室温に2週間おく。
※ 漬けてから室温で1か月、それ以降は冷蔵庫で3か月保存。
※ 1か月後くらいが食べごろ。

「タラの塩レモン蒸し」

材料(2人分)

生ダラ:2切れ(200g)
塩レモンの漬け汁:小さじ2
玉ねぎ:1/2個(100g)
ミニトマト:4個
白ワイン:大さじ1
塩レモン:2枚
パセリ:みじん切り大さじ1

1人分

140kcal 塩分2.6g

作り方

① 下ごしらえ
・ タラは水けを拭き、塩レモンの漬け汁を揉み込み5分おく。
・ 玉ねぎは縦1㎝幅に切る。
・ ミニトマトはヘタを除いて横半分。
② フライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を中火で熱し玉ねぎ1分炒める。
③ 端に寄せ、あいた所に白ワイン水(1/4カップ)を加える。
④ タラを並べ、表面を軽くぬぐった塩レモンを1切れに1枚ずつのせる。
⑤ ミニトマトを加え蓋をして弱めの中火6~7分蒸す。
⑥ タラ野菜を器に盛る。
⑦ フライパンに残った蒸し汁パセリを加え、30秒中火で熱しタラにかける。

レモン活用術

牛尾理恵さん「サバ缶のレモン炊き込みごはん
舘野鏡子さん「万能!玉ねぎレモンドレッシング
若山曜子さん「レモンカード
今井亮さん「タラの塩レモン蒸し
樋口宏江「レモンソース
後藤加寿子さん「レモンぬた

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました