【あてなよる】柚子胡椒バターで「リアルたい焼き」大原千鶴|鯛で呑む

スポンサーリンク

佐々木則夫さんと前田典子さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「鯛尽くし」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの小粋なレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→あてなよる 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「リアルたい焼き」

焼き魚にはじかみを合わせるように
日本酒ベースの梅酒を合わせて。

材料(2個分)

@小麦粉:100g
@ベーキングパウダー:4g
鯛のスープ:130㎖
鯛のアラのほぐし身:60~80g
柚子胡椒:少々
バター:15g

作り方

① 下ごしらえ
・ 常温に戻したバター柚子胡椒を入れて混ぜる。
・ ボウルにを入れて泡立て器で混ぜ、鯛のスープを入れてさらに混ぜ、ほぐし身を加える。
② 鯛焼き器に流し入れて10分焼く。
③ 柚子胡椒バターをつけていただく。

「鯛のスープ&ほぐし身」

材料(人分)

鯛の頭(あればアラも):1尾分(700g)
塩:適量

作り方

【鯛のスープ&ほぐし身】
① 鯛の頭にたっぷりのをまぶし10分以上おく。
② 熱湯にくぐらせ、ザルにあげて水けをきっておく。
③ 鍋にとかぶるくらいの(1600ml)と(80ml)を入れて中火
④ 沸いたらアクを取りながら、15分グラグラ煮る。
⑤ を取り出し、頭についた身を手でほぐす。
※ 煮汁はいったん濾すとよい。
※ ほぐした身も後で使うのでとっておく!

「鯛で呑む」レシピ

鯛のカルパッチョ
リアルたい焼き
特製タルタルソースでいただく「鯛の天ぷら
鯛めし&鯛にゅうめん

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→あてなよる 

タイトルとURLをコピーしました