【きょうの料理】「たけのこの梅昆布煮・オイル漬け」アク抜き・ゆで方・選び方

スポンサーリンク

2022年4月18日(月)NHK「きょうの料理
季節ごとの手仕事を分かりやすく伝える新シリーズ「初めての手仕事」が始まりました。

今月は
山脇りこさんの「たけのこ」です。
・選び方
・アク抜き法
・茹で方
そして
持ち味を生かしたシンプルなレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→山脇りこ タケノコ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たけのこの選び方

土の中でゆっくり育ち、日に当たる時間が短いものが柔らかくて◎
ずんぐりと太くて重く、皮の色が薄いものを選ぶと良い。

「ゆでタケノコ」

材料

たけのこ:1~2本(1㎏)
米ぬか:1カップ弱

作り方

① 下ごしらえ
・ タケノコは外側の堅い皮を2~3枚剥く。
・ 穂先の堅い部分を斜めに切り落とす。
・ 皮に縦3~4か所、2~3㎜深さの切り目を入れる。
※ 皮が剥きやすくなる。
② 大きく深い鍋にタケノコを入れかぶるまでを注ぐ。
③ 米ぬかタケノコの表面を覆うように加え、強めの中火
※ タケノコが水面から出るようならペーパータオルを2~3枚重ねて落し蓋に。
※ 米ぬかがない場合は米の漕ぎ汁を使う。
④ グラグラ沸いてきたら中火
⑤ フツフツ沸いた状態を保ちながらやわらかくなるまで50~60分茹でる。
※ 途中、タケノコが水面から出るようなら水を足す。
⑥ 根元の方に竹串を刺し、抵抗なく中心までスッと通ったら火を止める
「タケノコに茹で過ぎはない」
⑦ 蓋をしてそのまま冷ます。
※ 鍋の中で完全に冷ますとエグミが取れる。
⑧ 流水でぬかをサッと洗い落し皮をむく。
※ 穂先のやわらかい皮(姫皮)は刻んでみそ汁や和え物に。
⑨ 穂先の堅い部分は切り落とす。
⑩ 堅い根元を1㎝ほど切り落とし、根元側の堅い表面をグルリと剥く。
⑪ サッと洗って水けをきる。
※ すぐに使わない場合はタケノコを2~4つ割りにして保存容器に入れ、完全にかぶるまで水を加える。
※ 毎日水をかえて冷蔵庫で3~4日保存。

「たけのこのオイル漬け」

① 茹でタケノコ(200g)は好きの大きさに切る。
② 水けをよく拭き、清潔な保存瓶(容量500㎖)に入れる。
③ 昆布(3㎝四方1枚)を入れる。
④ 白ごま油(1カップ)粗塩(小さじ1)を混ぜてタケノコがかぶるまで注ぐ。
※ タケノコが完全につかった状態で冷蔵庫で3週間保存。

「たけのこの梅昆布煮」

梅の酸味でサッパリと。
後を引くおいしさ!

材料(2人分)

茹でタケノコ:200g
梅干:塩分10%2個
塩昆布:細切り5g
酒:大さじ3

1人分

45kcal 塩分1.5g

作り方

① 下ごしらえ
・ タケノコは穂先を放射状に4~5等分に切ってから5㎝長さに。
・ 根元は1㎝厚さに切り、大きめの一口大。
・ 梅干はちぎり、種も一緒に煮る。
・ 塩昆布は長いものは3㎝長さに。
② 鍋にタケノコ梅干塩昆布(大さじ3)、を入れオーブンペーパーで落し蓋、中火にかける。
③ 煮立ったら火を少し弱め煮汁が少なくなるまで6~7分煮詰める。
※ 冷ますと味が染みさらに美味しくなる。

今回紹介されたレシピ

たけのこの梅昆布煮・オイル漬け
タケノコの木の芽みそ和え
バターとコショウのタケノコごはん

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→山脇りこ タケノコ

タイトルとURLをコピーしました