【3分クッキング】渡辺康啓「アスパラのビスマルク風・ジェノバ風じゃがいものサラダ」

スポンサーリンク

2022年5月7日(土)日本テレビ系「キューピー3分クッキング

渡辺康啓さんの「おうちイタリアン」レシピ
初回は
野菜本来の美味しさが実感できるシンプルな前菜2種です。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→渡辺康啓 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アスパラのビスマルク風」

材料(4人分)

グリーンアスパラガス:8本(250g)
卵:4個
無塩発酵バター(無塩バター)(ともに食塩不使用):10g
パルメザンチーズ(おろす):適量
結晶塩:少々
粗挽黒こしょう:少々
塩:少々
オリーブ油:小さじ2

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元から3㎝ほどの固い部分を手で折って除く。長さを3等分に折り、冷水に30分つけておく。
※ ジューシーに焼き上がる。
② フライパンにオリーブ油を熱し、アスパラガスを入れ(少々)をふる。
③ ときどき返しながら焼き色がつくまで焼き付け、焼けたものからとり出し、器に盛る。
④ ボウルにをすべて割り入れ、(ひとつまみ)を加えて軽く混ぜる。
※ 塩を行きわたらせる。溶きほぐさない。
⑤ フライパンを弱めの中火にかけて発酵バターを溶かす。
⑥ を流し入れる。
⑦ 白身が固まり始めたら、火を止める
※ フォークでやさしく混ぜ、やわらかいスクランブルエッグを作る。
⑧ すぐにボウルにとり出してトロリとするまで切るように混ぜる。
⑨ アスパラガスの上にのせ、パルメザンチーズをかけ、結晶塩粗挽黒こしょうをふる。

「ジェノバ風じゃがいものサラダ」

材料(4人分)

じゃがいも:4個(600g)
さやいんげん:20本(200g)
アンチョビー:4枚
オリーブ油:適量
結晶塩:少々
ドライオレガノ:適量
塩:大さじ1.5
水:1.2L

作り方

① じゃがいもは皮つきのままよく洗い、鍋に入れる。
② を注ぎ、を加えて火にかける。
③ 沸騰したら弱火にして蓋をずらしてのせる。
④ じゃがいもに竹串がスッと通るまで1時間ほどゆでる。
⑤ いんげんはヘタを除き、じゃがいもの鍋に加える。
⑥ いんげんがくたっとやわらかくなり、甘みが感じられるようになったら、ともにザルに上げて水気をきる。
⑦ 器にじゃがいもを1個ずつ盛り、半分に割る。
⑧ じゃがいもの上にいんげんを等分にのせ、アンチョビーを1枚ずつのせる。
⑨ オリーブ油をたっぷりとかけ、結晶塩をふり、オレガノを指で揉んで散らす。

5月号です↓

渡辺康啓さんのおうちイタリアン

アスパラのビスマルク風・ジェノバ風じゃがいものサラダ
豆のミネストローネ・白いんげん豆のサラダ
紫玉ねぎとミニトマトの焼きトマトソースパスタ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→渡辺康啓

タイトルとURLをコピーしました