【きょうの料理】「かき揚げ丼・残り野菜のとろみ椀」大原千鶴の愛情ごはん

スポンサーリンク

2022年5月11日(水)NHK「きょうの料理

大原千鶴さんの「おいしく使いきる!大原千鶴の愛情ごはん
ムリなく家庭のフードロスを減らす工夫が満載です。

今回は
捨てがちな「はじっこ野菜」
野菜の皮や根、芯、外側の葉など
それぞれの特徴に合わせて美味しい一品に変身させるそうです。

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「何でもありのかき揚げ丼」

大原千鶴さんの「何でもありのかき揚げ丼」
出典:公式HP

材料(2人分)

好みの残りの野菜
:計60g ※ここでは、れんこんの皮、さつまいもの皮、パクチーの根、パセリ(葉と茎を分ける)を使用。人参の皮、ねぎの青い部分、ねぎやせりの根、しおれた青じそなども◎
乾燥桜えび:大さじ1
@小麦粉:大さじ2
@水:大さじ2
【タレ】
だし:大さじ3
みりん:大さじ1
醤油:大さじ1
ごはん:適量
小麦粉:大さじ1
揚げ油:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ 残り野菜はすべて3㎝長さに切る。
・ ボウルに野菜桜えびを入れ、小麦粉(大さじ1)を加えてザックリと混ぜる。
※ 粉をまぶしてから衣を絡めるとまとまりがよくなる。
・ をよく溶いて加え、さらに混ぜる。
※ つなぎの役割なのでしっかり混ぜてOK。
② 小さめのフライパンに揚げ油170℃に熱し半量を揚げる。
※ 少ない油で揚げられる。
③ 表面が固まってきたら上下を返し、カリッとするまで計2分揚げて油をきる。
④ 残りの半量も同様に。
⑤ 耐熱容器にタレの材料を入れ、600Wで1分レンチン。
※ ラップはしない!
⑥ 丼に温かいごはんを盛り、かき揚げをのせたれをかける。
※ 好みの漬物を添えても◎

1人分

490kcal 塩分1.4g

「残り野菜のとろみ椀」

出典:公式HP

残りがちな皮や芯は
せん切りにして沢煮椀風にリメイク。
野菜のだしが体にしみる滋味豊かな味です。

材料(2人分)

好みの残り野菜:計80g
豚バラ薄切り:40g
だし:カップ2
水溶き片栗粉
 水:大さじ1
 片栗粉:小さじ2
おろししょうが:少々
塩・コショウ:各少々
白ごま油:小さじ1/2
薄口醤油:小さじ1

作り方

① 下ごしらえ
・ しょうがはすりおろす。
・ 残り野菜はすべてせん切りにする。
※ キャベツやブロッコリーの芯は、スライサーで薄切りにしてからせん切りにすると◎
・ 豚肉は細切りにし、塩・コショウをふる。
② 小鍋にごま油豚肉を入れ、中火でサッと炒める。
③ 野菜を加えてサッと炒め、だしを注ぐ。
④ 沸いたらアクを取って1~2分煮る。
⑤ 薄口醤油(ひとつまみ)で味を調える。
⑥ 混ぜ合わせた水溶き片栗粉を加え、混ぜながらトロミをつける。
⑦ 器に盛りしょうがをあしらう。

1人分

110kcal 塩分1.5g

おすすめレシピ

何でもありのかき揚げ丼
残り野菜のとろみ椀
セロリの葉と椎茸のガーリック炒め
レタスのオイスターソース炒め

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました