【相葉マナブまとめ】千葉「アスパラガス」レシピ|ナムル・アスパランドッグ・レンチン豚巻

スポンサーリンク

2022年5月15日(日)テレビ朝日系「相葉マナブ
「産地ごはん」は
アスパラガス」を学びます。
地元農家さんの間違いないレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アスパラのナムル」

材料(2人分)

アスパラガス:中5本
ごま油:小さじ1
鶏ガラスープの素:小さじ1
おろしにんにく:小さじ1/2
醤油:小さじ1/2
塩:少々
白胡麻

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむく。
※ 皮も捨てない!
② 鍋に湯を沸かしてを入れ、剥いた皮とアスパラガスを入れて2分茹でる。
③ 水けをきって斜め8等分。
④ ボウルに入れごま油鶏ガラスープの素おろしにんにく醤油を混ぜて熱いうちに和える。
⑤ 白ごまをふる。

「アスパランドッグ」

アメリカンドッグの芯をアスパラにしたアイデアもの。

材料(10本分)

アスパラガス:10本
スライスチーズ:10枚
ロースハム:10枚
ホットケーキミックス:150g
卵:1個
牛乳:150㎖
ケチャップ

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむく。
・ アスパラガスの先の部分にチーズハムを重ねて巻き、手で握ってなじませる。
・ ボウルに牛乳HMを混ぜてアスパラガスの穂先に絡める。
※ コップに衣生地を移して穂先から入れて衣をつけると◎
※ 持ち手部分は残す。
② 170℃でキツネ色になるまで2分揚げる。
③ ケチャップをつけても◎

レンチン「アスパラの豚肉蒸し」

材料(1人分)

アスパラガス:2本
豚バラ薄切り:2枚
塩・コショウ:各少々

作り方

① 下ごしらえ 
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむく。
② アスパラガス豚肉で巻きギュッと握ってなじませる。
③ 塩・コショウする。
④ 器にのせてラップ、600Wで3分レンチン。

「アスパラそぼろ丼」

材料(2人分)

アスパラガス:中5本
豚ひき肉:150g
酒:50㎖
醤油:大さじ1
砂糖:大さじ1
サラダ油:大さじ1/2
ごはん:2膳
半熟卵:2個

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむく。
・ アスパラガスは1㎝幅の小口切り。
② フライパンにサラダ油を入れて中火アスパラガス1分炒める。
③ ひき肉を加えて2分炒める。
④ 肉の色が変わったら醤油砂糖を加えて煮詰める。
⑤ ごはんの上に盛り、半熟卵をトッピングする。

最大級の産直サイト
*人気の野菜は予約が
生産者さんから直接購入!

「紫アスパラのサンド」

生でも食べられる紫アスパラ(バーガンディ)を使って。
甘みが強い品種。
なんと澤部くんは初マッシャー!

材料(2人分)

紫アスパラガス:3本
食パン:8枚切り2枚
ゆで卵:2個
マヨネーズ:大さじ2

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむく。
・ アスパラガスパンの大きさに合わせてカット。
・ ボウルにマヨを入れて潰し混ぜる。
② 食パンを塗ってアスパラガスをのせる。
③ を塗ってパンで挟みラップで包む。
④ なじませてカット。

「アスパラのチーズホイル焼き」

材料(2人分)

緑・紫アスパラガス:各中2本
塩・コショウ:各少々
オリーブ油:大さじ1
ピザ用チーズ:30g

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむき斜め4等分。
② ホイルにカットしたアスパラガスをのせて塩・コショウ
③ オリーブ油をかけチーズをのせ、包む。
④ 250℃のトースターで10分焼く。

「ねぎま風」

材料(5本分)

緑アスパラガス:3本
紫アスパラガス:2本
長ねぎ:1本
ブロックベーコン:40g
塩・コショウ:各少々
サラダ油:大さじ1

作り方

① 下ごしらえ
・ アスパラガスは根元の固い部分を切り落とす。
・ 下方1/3ほどの皮をピーラーでむき4㎝長さに。
・ ベーコンは同じ長さの棒状。
② 竹串に長ねぎ緑アスパラベーコン紫アスパラなんてぇ風に刺す。
③ フライパンにサラダ油を入れて中火、串を並べて蓋をして3分焼く。
④ 焼き色がついたら塩・コショウ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました