【きょうの料理】「台湾茶梅・茶梅トマトソースの冷製パスタ」李映林・コウ静子の仕事

スポンサーリンク

2022年6月7日(火)NHK「きょうの料理
「初めての手仕事」

コウ静子さんが教えて下さる梅の楽しみ方は
完熟梅を使った「台湾茶梅」と「赤じそ茶梅」です。
アレンジレシピと合わせて
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「台湾茶梅」

甘酸っぱくフルーティなお茶うけ。
バラの花、ジャスミン、梅の花を使っても◎

材料

・保存容器(容量4~5ℓ)琺瑯など酸に強いものを
・押し蓋
・重石
・保存瓶(容量3ℓ)
※食品用アルコールをしみ込ませた布巾で拭くなどして消毒する
【塩漬け】
完熟梅:1㎏
※黄色く熟した香りのよいものを
ラム酒(ホワイト):80㎖
粗塩:50g
【本漬け】
きび糖:500g
ウーロン茶葉:10g

作り方

塩漬け

① ボウルにたっぷりの水をはり、を入れてやさしく洗う。
② ザルに上げてよく水けを拭き、竹串でなり口のヘタを除く。
③ 保存容器の底に分量の粗塩からひとつかみを敷く。
④ ボウルにの1/3量を入れ、ラム酒の1/3量を回しかけて手でなじませる。
⑤ 汁けごと保存容器に入れ、残りの粗塩の1/3量をまぶす。
⑥ 残りも同様にあと2回繰り返し、重ね入れる。
⑦ 押し蓋をのせ、重石をのせる。
⑧ そのまま紙などをかぶせ、ひもで縛って暗く涼しい場所に3~4日おく。
⑨ 梅酢にかぶるくらいまで上がってきたらを取り出す。
⑩ 汁けをきってボウルに移す。

本漬け

⑪ 保存瓶の底に分量のきび糖からひとつかみを敷き、の1/3量を並べる。
⑫ 残りのきび糖の1/3量、ウーロン茶葉の1/3量の順に加える。
⑬ 残りも同様に繰り返して重ねる。
⑭ 時々揺すりながら、暗く涼しい場所に1か月置く。
※ 暗く涼しい場所で1年間保存。

「茶梅トマトソースの冷製パスタ」

材料(2人分)

スパゲッティ(1.4㎜):100g
塩:適量
粗挽黒コショウ:適量
【茶梅トマトソース】
トマト:2~3個(350g)
台湾茶梅:4~6個
台湾茶梅のシロップ:大さじ3
台湾茶梅の茶葉:少々
にんにく:1/3片分
塩:小さじ1/4
オリーブ油:大さじ3

作り方

① 茶梅トマトソースを作る。
・ 茶梅は種を除き、果肉を半分に切る。
・ トマトはザク切り、ボウルに入れてにんにく、塩を加えて和える。
・ 茶梅茶梅のシロップ茶梅の茶葉を加えて混ぜる。
・ オリーブ油を少しずつ加え、乳化するようによく混ぜ合わせる。
② 鍋に(少々)を加えたたっぷりの湯を沸かし、スパゲッティを表示どおりにゆでる。
③ 冷水にとり、冷めたらザルに上げ、しっかりと水けをきる。
④ 茶梅トマトソースで和え、器に盛る。
⑤ 黒コショウ(適量)をふる。

1人分

510kcal 塩分2.6g

李映林・コウ静子の梅仕事

李映林
梅干し
青梅の蜜煮・梅氷
青梅のカリカリ漬け・コチュジャン和え

コウ静子
台湾茶梅・茶梅トマトソースの冷製パスタ
赤じそ茶梅・クッキー・マリネ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました