【きょうの料理】「青梅の蜜煮・梅氷」作り方|李映林・コウ静子の梅仕事

スポンサーリンク

2022年6月6日(月)NHK「きょうの料理
日本と韓国の保存食をつくり続けてきた李映林さんが
シロップで煮る蜜煮梅氷を教えてくださいました。

早速ご紹介します!

>>関連タグ→コウ静子 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「青梅の蜜煮」

材料

鍋は直径30㎝程度のものを。酸に弱いアルミ鍋は使わない!

保存瓶(容量2ℓ)
※食品用アルコールをしみ込ませた布巾で拭くなどして消毒する。

青梅:1㎏
グラニュー糖:500g

作り方

① ボウルにたっぷりのを入れ、手で表面を軽く洗う。
② ザルに上げて水けをきり、布巾などで水けを拭く。
③ なり口のヘタを竹串で取り除く。
④ まち針などの針先を熱し、の表面全体を30か所ほど刺す。
※ 穴をあけて皮がはじけるのを防ぐ。
⑤ たっぷりの4~5時間浸してアクを抜き、ザルに上げて水けをきる。
⑥ 鍋にを入れる。
⑦ たっぷりのを注ぎ、中火にかける。
⑧ 人肌くらいに温まったら弱火30分ゆでる。
⑨ 50~70℃の温度でフツフツとした状態を保つ。
※ 70℃以上の温度にならないように注意。
⑩ 色が変わったら火を止め、そのまま冷ます。
⑪ シロップをつくる。別の鍋に(1ℓ、梅がかぶるくらい)、グラニュー糖を入れて中火
⑫ ひと煮立ちさせ、グラニュー糖が溶けたら火を止めてそのまま冷ます。
⑬ を網じゃくしで水けをきってシロップに加える。
⑭ 落とし蓋をし、弱火50~70℃の温度を保って10~15分煮る。
⑮ 火を止め、そのまま冷ます。
⑯ 網じゃくしでを取り出し、保存瓶に入れる。
⑰ 残ったシロップ強火で2/3量程度になるまで煮詰め、火を止める
⑱ 冷めたら保存瓶に注ぐ。
※ すぐに食べられる。
※ 冷蔵庫で4~5か月保存。

「梅氷」

① 「青梅の蜜煮」のシロップ(適量)に(同量)を加えて混ぜる。
② 保存容器に入れて冷凍庫で冷やし固める。
③ 半分凍った状態になったら、フォークなどで全体をザックリと混ぜる。
④ 再び冷凍庫で完全に凍らせる。
⑤ フォークでかきながら器に盛り「青梅の蜜煮」の(1個)をのせる。

李映林・コウ静子の梅仕事

李映林
梅干し
青梅の蜜煮・梅氷
青梅のカリカリ漬け・コチュジャン和え

コウ静子
台湾茶梅・茶梅トマトソースの冷製パスタ
赤じそ茶梅・クッキー・マリネ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→コウ静子 

タイトルとURLをコピーしました