【きょうの料理】「青梅のカリカリ漬け・コチュジャン和え」李映林・コウ静子の梅仕事

スポンサーリンク

2022年6月6日(月)NHK「きょうの料理
日本と韓国の保存食をつくり続けてきた李映林さんが
青梅の風味を生かした
韓国で定番の保存食「カリカリ漬け」を教えてくださいました。

残ったタネで作る「梅酢&梅醤油」と
ごはんのお供になる「コチュジャン和え」も
あわせてご紹介します!

>>関連タグ→コウ静子 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「青梅のカリカリ漬け」

材料

保存瓶(容量2ℓ)
※食品用アルコールをしみ込ませた布巾で拭くなどして消毒する。

青梅:1㎏
きび糖:500~600g
ラム酒(ホワイト):50㎖
粗塩:50g

作り方

① は洗ってたっぷりの1~2時間浸水させる。
② ザルに上げて水けをきり、丁寧に水けを拭き取る。
③ 竹串でなり口のヘタを取り除き、包丁で縦6等分のくし形にそぎ取る。
④ ボウルに入れ、ラム酒を加えて揺すってなじませる。
⑤ 粗塩をふって手で全体になじませ、粗塩が溶けるまで1時間おく。
⑥ 汁けが出てきたら、きび糖を加えてスプーンなどでよく混ぜる。
⑦ 時々混ぜながら、きび糖が溶けるまでおく。
⑧ 汁けごと保存瓶に入れ、2~3日室温に置き、1日1回瓶を揺すってなじませる。
⑨ の色が変わり、が浸るくらいまでシロップが上がってきたら冷蔵庫に移す。
※ 1か月後から食べられる。

残ったタネで「梅酢&梅醤油」

① 清潔な保存容器に「青梅のカリカリ漬け」で残った種(適量)を入れる。
② 酢(適量)または醤油(適量)を種が浸るまで注ぐ。
③ 冷蔵庫に10日間ほどおく。
④ 種が浸かった状態で冷蔵庫で2か月保存。

「コチュジャン和え」

青梅のカリカリ漬け(10切れ)をコチュジャン(適量)で和える。

「味噌和え」

青梅のカリカリ漬け(10切れ)を味噌(大さじ1)半摺り白ごま(小さじ1)ごま油(少々)で和える。

李映林・コウ静子の梅仕事

李映林
梅干し
青梅の蜜煮・梅氷
青梅のカリカリ漬け・コチュジャン和え

コウ静子
台湾茶梅・茶梅トマトソースの冷製パスタ
赤じそ茶梅・クッキー・マリネ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→コウ静子 

タイトルとURLをコピーしました