【きょうの料理】「ナスとかぼちゃの冷やし鉢」大原千鶴の冷凍野菜

スポンサーリンク

2022年7月13日(水)NHK「きょうの料理

大原千鶴さんの「おいしく使いきる!大原千鶴の愛情ごはん
家庭のフードロスを減らす工夫が満載です。

第4回は「冷凍野菜活用術」を学びます。
傷みやすい夏野菜を
・ 長く
・ 色よく
・ 美味しく
・ 使いやすく
活用するテクは必見!
早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷凍野菜

※ 冷凍庫で1か月保存。

冷凍ナス

① ナス(300g)はヘタを落としてピーラーで縞剥き。
② 水に10分浸け1個ずつラップで包む。
③ 600Wで4分レンチン。
※ 途中でナスの場所を入れ替えると加熱ムラが出来ない。
④ 手で触って全体がしんなりしていたら取り出す。
⑤ ラップしたまま冷まし、重ならないように冷凍用保存袋に入れて冷凍する。

冷凍かぼちゃ

① カボチャ(正味300g)はワタを取って一口大。
② 耐熱容器に重ならないように入れる。
③ 水(大さじ1~2)を全体にふってふんわりラップ。
④ 600Wで4~5分レンチン。
⑤ 竹串を刺してスッと通ったら取り出して粗熱を取る。
⑥ 保存容器に皮を下にして重ならないように並べ入れて冷凍。

冷凍トマト

① トマトは熱湯にくぐらせて湯むき。
② 2~4等分に切ってヘタを除き冷凍用保存袋に入れる。
③ 手で揉んで潰し、平らに整えて冷凍。

→ 袋のまま叩いたり割ったりして軽くほぐして使用。

冷凍玉ねぎ

① 玉ねぎは8等分のくし形。
② 手でほぐしながら冷凍用保存袋に入れる。
③ 平らに整えて冷凍。

→ 冷凍のまま加熱する。

冷凍オクラ

① オクラは水でサッと濡らして塩(適量)をまぶす。
② 板摺してから塩を洗い流す。
③ 水けをきってガクをむき冷凍用保存袋に平らに入れて冷凍。

→ 冷凍のまま加熱して使用。

「ナスとかぼちゃの冷やし鉢」

調味料に浸して解凍するだけ。
よく味が染みたナスと甘さが際立つかぼちゃ!

材料(2人分)

冷凍ナス:2~3個(200g)
冷凍かぼちゃ:150g
みょうが:適宜
【浸し地】めんつゆ1カップでも◎
だし:1/2カップ
煮切りみりん:1/5カップ
薄口醤油:1/5カップ

作り方

① みょうがは小口切り。
② 保存容器に冷凍ナス冷凍かぼちゃを凍ったまま入れる。
③ 浸し地の材料をかける。
④ 冷蔵庫に半日おいて解凍しながら味を含ませる。
⑤ ナスを食べやすく切り、かぼちゃともに器に盛る。
⑥ みょうがをのせても◎

1人分

110kcal 塩分2.6g

今回紹介されたレシピ

鶏のトマトシチュー
ミックスピーマンともやしの和風ナムル
パリパリキュウリの辛子マヨ添え
ナスとかぼちゃの冷やし鉢

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました