【きょうの料理】レモンハーブマリネ「オーブンでバーベキュー」タサン志麻

スポンサーリンク

2022年7月29日(金)NHK「きょうの料理

志麻さんがご自身の台所から
日々のごはんづくりを楽にする知恵を教えて下さる
新シリーズ「タサン志麻の小さな台所」が始まりました。

ナレーションは浜野謙太さん。
心地よくて◎

今月のテーマは
「夏のお助けごはん」です。

「暑くて疲れやすい夏は
料理はなるべく一品で済ませるようにしている」
という志麻さんの言葉が嬉しい!

志麻さんが夏によく作るという「オーブンでバーベキュー」は
・ ほったらかし!
・ 見た目華やか
・ 一品でも満足!
・ 天板ごと食卓に出せる
・ マリネ液で味を変えられる
・ 洗い物が楽(笑)
という優れレシピ。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レモンハーブマリネ「オーブンでバーベキュー」

材料(3~4人分)

鶏もも肉:1枚(350g)
鶏むね肉:1枚(350g)
玉ねぎ:1個(200g)
ズッキーニ:1本(200g)
なす:1個(100g)
赤黄パプリカ:各1個(各200g)
【レモンハーブマリネ】
オリーブ油:大さじ2
にんにく:薄切り2片分
レモン汁:1/2個分
ハーブ:適量 ここではタイム、ローズマリー、ローリエ

作り方

① 下ごしらえ
・ 鶏肉はそれぞれ大きめの一口大。合わせて(小さじ1、肉の重量の0.8%)、黒コショウ(適量)をまぶす。
・ ボウルにレモンハーブマリネの材料を混ぜ合わせ、鶏肉を加えてよく揉み込む。15分以上おく。
・ オーブンは200℃に温める。
・ 玉ねぎは6等分のくし形。
・ ズッキーニナスはヘタを除いて3㎝厚さの輪切り。
・ パプリカはヘタと種を除いて食べやすく切る。
・ 天板にオーブンペーパーを敷き、鶏肉を皮を上にして並べる。
・ の間に野菜を並べる。
※ 天板が小さい場合は野菜の上に肉をのせる。
・ ボウルに残ったレモンハーブマリネ液オリーブ油(大さじ2)をかける。
※ オリーブ油を全体に回しかけると火通りが均一になる。
※ 野菜に味をつけない分、肉にしっかり下味をつけて味にメリハリをつける。
② 200℃のオーブンで30~40分に火が通るまで焼く。
③ 天板ごと食卓に出す。

1人分

460kcal 塩分1.8g

「フレンチの格言」がとってもいいです!
愛用グッズもその理由とともに解説されていて参考になりました↓

今回紹介されたレシピ

オーブンでバーベキュー
サラダニーソワーズ
チョコレートのティラミス
桃とトマトのスープ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

志麻さんの愛用品

スライサー
志麻さんが家政婦を始めた当初、唯一持参していたアイテム。
手軽で美味しいフランスの定番サラダ「キャロットラペ」で威力を発揮。

ザル
ザルにボウルを被せて蓋のようにし、上下に振ればサラダスピナーに。
また、柔らかく茹でた野菜をギュッと押し付けて裏ごしすることもあるそうです。
スリースノー製をサイズ違いで愛用。

ボウル
深さがあり洗いやすいものを。
コンテの大中小を愛用。

ペティナイフ
かぼちゃや大きな塊肉以外は基本的にペティナイフ1本で調理なさってます。
ミソノ製。

ブレンダー
ブラウンのものを。

ティファール鍋セット
オーブンに入れたりそのまま食卓に出したり。
フライパン専用の蓋があるセットが◎だそうです。

まな板
「BIKITA Wood Life」
小回りの利く小さなもの(25㎝)を使っていらっしゃいますね。

舟形ボードのご予約
舟形ボードのご予約 - 現在のご予約は2022年12月ごろのお届けです。

関連記事

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました