【きょうの料理】柳原尚之「冷やし梅ダレそうめん」作り方

スポンサーリンク

2022年8月8日(月)NHK「きょうの料理」は

陳建太郎さん
柳原尚之さん
きじまりゅうたさんのトリオ「おかず青年隊」が登場しました。

暑い夏はサッと作って美味しく食べたい!
ということで「夏の疾走レシピ」を教えてくださいます。

ここでは尚さまの
ナスの喉ごしが良く食感が涼やかな「スピード麺」
早速ご紹介します!

>>関連タグ→柳原尚之 そうめん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「冷やし梅ダレそうめん」

ツルリと喉ごしの良いナスの食感が涼やか。
時短&省エネテクも。

材料(2人分)

そうめん:2把(100g)
ナス:1個(70g)
青じそ:2枚
削り節:少々
塩:少々
片栗粉:大さじ1.5【梅ダレ】
梅干し:大2個(20g)塩分10%
@だし:1/2カップ
@醤油:大さじ1/2
@みりん:大さじ1/2水溶き片栗粉
 水:小さじ1
 片栗粉:小さじ1

1人分

220kcal 塩分g

作り方

① そうめんを茹でる
・ そうめんは端を糸で縛る。
・ 沸騰した湯に入れ10秒したら縛った近くに菜箸を入れてほぐす。
・ 再沸騰したら(1/2カップ)を足し、沸騰を落ち着かせる。
・ これをもう一度繰り返し、再び沸騰したらそうめんを冷水にとる。
※ 鍋の湯は捨てない!
・ 十分に冷めてからザルに上げる。
・ 糸で縛った部分は切り落とす。
※ そうめんの端を糸で縛ると取り出しやすく、盛り付けやすい。
② ナスを茹でる
・ ナスはヘタを落として皮を剥き、5㎜くらいの縦細切り。
※ 皮はきんぴらにしても◎
・ をふり、片栗粉を薄くまぶす。
・ そうめんと同じ熱湯でナスをサッと茹でる。
・ 透明感が出たら冷水にとって冷まし水けをきる。
③ 梅ダレをつくる
・ 梅干しは種を除き、包丁で果肉を叩く。
・ 鍋にを入れて中火、煮立ったら火から下ろし、水溶き片栗粉を加えて加熱、トロミをつける。
・ 火を止めて冷まし、梅肉を加えて混ぜる。
※ 梅肉は冷めてから加えると色みがキレイに仕上がる。
④ 器にそうめんナスを盛る。
※ そうめんはねじるように盛り付けると美しい。
⑤ 青じそは刻んで水にさらし、水けをきる。
⑥ 梅ダレをかけ、青じそ削り節をのせる。

今回紹介されたレシピ

柳原尚之さん「冷やし梅ダレそうめん
陳建太郎さん「チリソースの冷たい和え麺
きじまりゅうたさん「焼きたらこ蕎麦

柳原尚之さん「イワシのホロホロ
陳建太郎さん「夏野菜と海鮮の翡翠炒め
きじまりゅうたさん「豚しゃぶと叩きキュウリのゴマ塩和え

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→柳原尚之 そうめん

タイトルとURLをコピーしました