【きょうの料理】太田さちか「琥珀糖」作り方

スポンサーリンク

2022年8月15日(月)NHK「きょうの料理

今月のいちおしスイーツは
夏休みに挑みたい「サイエンススイーツ」です。

半生の甘い和菓子
話題の琥珀糖!
早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「琥珀糖」

材料

15×18㎝のバット1台分

@水:1カップ
@粉寒天:4g
グラニュー糖:300g(上白糖は純度が低く結晶化しにくい)
カキ氷用シロップ(赤・青):各大さじ1

全量

1280kcal 塩分0.0g

作り方

① 下ごしらえ
・ かき氷シロップ赤、青、紫を用意。
・ 赤・青(各小さじ2)をそれぞれ器に入れる。
・ 別の器に赤、青(各小さじ1)を合わせて紫にする。
② 寒天液を作る。
・ 鍋にを入れて中火、耐熱ヘラで混ぜる。
・ 沸騰したら弱火、さらに1分加熱。
※ 寒天を完全に煮溶かさないと琥珀糖が固まりにくい。
※ グラニュー糖を加える前にしっかり煮立たせるのがポイント。
・ グラニュー糖を加え、さらに混ぜながら2~3分煮詰める。
・ しっかりトロミがついたら火から下ろす。
※ 少量をヘラから垂らすと糸を引く程度のとろみがつくまで煮詰める。
・ 3等分し、それぞれにシロップを加えてよく混ぜる。
③ バットに内側を濡らし1色ずつ流し入れる。
※ 気泡はスプーンで薄くとると口当たりが良い。
④ 冷蔵庫で30分冷やし固め、バットから外してオーブンペーパーにのせる。
⑤ 好みの型で抜き、オーブンペーパーに間隔をあけて並べる。
⑥ 残った部分は包丁で好きな形に切って並べる。
⑦ ラップをせずに風通しがよく涼しい場所に3~4日おき、上下返してさらに3~4日おいて乾かす。
※ 冷蔵庫では乾きにくく結晶化の観察には向かない。
※ 食品用のネットをかぶせてホコリ防止を。
※ 表面が完全に乾いた後、清潔な保存容器に入れて6~7日冷蔵保存。

おすすめレシピ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました