【きょうの料理】石井真介「野菜のムニエル」作り方|プロ直伝

スポンサーリンク

2022年9月13日(火)NHK「きょうの料理

一流料理人に極意を教わるシリーズ「プロ直伝」
9月は石井真介さんの「ムニエルを極める」です。

魚に小麦粉をまぶしてバターで焼く定番メニュー「ムニエル」は
旬の魚介や野菜が一段と美味しく味わえます。

野菜をムニエルにするテク
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

石井真介さん直伝プロのワザ

① 鮭に小麦粉をまぶしたら、なるべく早く焼きはじめる。
② まずはオリーブ油で皮がパリッとするまで焼く。
③ バターは弱火でフツフツとさせ、鮭によく染み込ませる。

「野菜のムニエル」

そのまま焼くより断然美味しい!

材料(2人分)

生椎茸:2枚(40g)
さつまいも:1.5㎝×4枚
グリーンアスパラガス:2本(60g)
無塩バター:10g
小麦粉:適量
オリーブ油:大さじ1
塩:適量
粗挽き黒コショウ:適量

1人分

170kcal 塩分0.6g

作り方

① 下ごしらえ
・ さつまいもは皮ごと斜め1.5㎝厚さに。耐熱皿にのせて、さっと水をかける。ラップをして600Wで2分レンチン。
・ 椎茸は軸を除く。
・ アスパラガスは長さ半分。
・ 無塩バターは1㎝角。
② ボールに(適量)を入れ、椎茸さつまいもアスパラをサッと水に浸け、水けをきる。
※ 野菜は粉がつきにくいため、粉をつける前に水で濡らす。
③ 野菜に小麦粉を茶漉しでふるい、両面にまぶす。
④ 手ではたき、余分なを落とす。
⑤ フライパンをオリーブ油中火で熱し、野菜を入れて焼き色がついたら上下を返す。
⑥ 塩・黒コショウを振って、サッと焼く。
⑦ 火が通ったらバターを加える。
⑧ バターが溶けてフツフツしてきたら、全体に絡め器に盛る。

今回紹介されたレシピ

鮭のムニエル
野菜のムニエル
牡蠣のムニエル

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

石井真介さんシンシア

sincere (北参道/フレンチ)
★★★★☆4.17 ■皿の上に広がるのは、驚きと喜びに満ちた色鮮やかな世界。 ■予算(夜):¥15,000~¥19,999

プロ直伝

一流料理人に極意を教わるシリーズ。
【2022年】
1月は野﨑洋光さんの「煮魚
2月は樋口宏江さんの「クラムチャウダー
3月は大宮勝雄さんの「メンチカツ
5月は脇屋友詞さんの「担々麺
6月は島津修さんの「いわしの梅煮
7月は鈴木美樹さんの「ミートソーススパゲッティ
8月は斉風瑞さんの「棒棒鶏
9月は石井真介さんの「ムニエル

4月は落合務さんの「ボンゴレビアンコ
5月は井桁良樹さんの「青椒肉絲チンジャオロースー
6月は坂田阿希子さんの「究極のフライドチキン
7月は神田裕行さんの「アジの押し寿司
8月は斉風瑞(さいふうみ)さんの「ねぎワンタン
9月は島田哲也さんの「ステーキ
11月は按田優子さんの「餃子
12月は陳健太郎さんの「春巻

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました