【きょうの料理】上野直哉「なすと里芋のしょうが味噌焼き」作り方

スポンサーリンク

2022年9月23日(金)NHK「きょうの料理
この季節ならではの野菜おかず。
野菜だけでも大満足なごちそうレシピの中から

ここでは
火を通した味噌の深い味わいが◎な田楽風グラタンが登場しました。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→上野直哉 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野菜おかずの極意

① 適した調理法で持ち味を生かす。
② 肉や調味料のコクで満足感を出す。
③ 香ばしさや食感でひと味プラス。

「ナスと里芋のしょうが味噌焼き」

材料(2人分)

なす:2個(160g)
里芋:3~4個(200g)
サラダ油
【しょうが味噌】
@味噌:大さじ3
@酒:大さじ3
@砂糖:大さじ2
@みりん:大さじ1.5
@卵黄:1個分
しょうが:みじん切り10g

1人分

320kcal 塩分3.2g

作り方

① 下ごしらえ
・ 里芋はよく洗って乾かし、皮を剥いて縦半分。
※ 里芋は買ってきたらすぐに洗って乾かしておくと皮が剥きやすい。
② 鍋に入れてたっぷりのを注ぎ中火にかける。
③ 沸騰したら弱火10分茹でて竹串がスッと通るくらいに柔らかくなったらザルに広げて冷ます。
④ しょうが味噌を作る
・ 鍋にをよく混ぜ合わせてから弱火。耐熱のヘラで絶えず混ぜながら5分練る。
・ トロミとツヤが出てきたらしょうがを加えてサッと混ぜ、火からおろす。
※ 卵黄が固まらないように絶えず混ぜ、鍋底にヘラのあとが残るくらいにトロミがつくまで練り上げる。
② ナスはヘタを切り落として縦半分、皮側に細かく斜めに切れ目を入れ3㎝幅に切る。
③ フライパンにサラダ油(大さじ2)を強めの中火で熱し、皮を下にして並べ入れ30秒焼く。
④ 上下返して里芋を加えさらに3~4分炒める。
※ 里芋にカリッと焼き目がつき、ナスの中心まで火が通るまでじっくり炒めてから耐熱皿に移す。
⑤ 耐熱皿に入れてしょうが味噌をかけ、オーブントースターで5分焼く。

今回紹介されたレシピ

ナスと里芋のしょうが味噌焼き
ひたし野菜のすだち風味
じゃがいもとピーマンのピリ辛糸こん炒め

焼きみょうがと鶏むね肉の葛煮
オクラのそぼろ餡かけ柚子胡椒風味
かぼちゃとベーコンのナッツ和え(かぼちゃサラダ)」

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おすすめレシピ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました