【3分クッキング】「田作り・サーモン昆布巻き・数の子」ワインにも合うおせち

スポンサーリンク

2022年12月26日(月)日本テレビ系「キューピー3分クッキング

ついにおせちレシピが登場!
色々やり残しがあって焦りますが笑

日本酒にもワインにも合う!
上島亜紀さんの祝い肴3種
早速ご紹介します!

※ 1~2回で食べきれる分量だそうです。

>>関連タグ→上島亜紀 おせち 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「祝い肴(田作り)」

ごまめは内臓の苦みがない小さいものを使うのが◎

材料(2~3人分)

ごまめ:小40g
無塩ミックスナッツ:100g
メープルシロップ:大さじ4
淡口醤油:大さじ2
白ワイン:大さじ2(酒でも◎)
カルダモンパウダー:小さじ1/2

作り方

① ミックスナッツは粗く砕く。
② フライパンにごまめを入れて弱火。香ばしい香りが立つまで混ぜながら10~12分乾煎り。
③ ミックスナッツを加え、香ばしい香りが立つまでさらに混ぜながら10分乾煎り。
④ メープルシロップ淡口醤油白ワインを加えて中火
⑤ 混ぜながら飴状になるまで2~3分煮絡める。
⓺ オーブンペーパーを敷いたバットに取り出して広げ、熱いうちにカルダモンパウダーをふって冷ます。
※ 保存容器に入れ、1週間冷蔵保存可能。

「祝い肴(サーモンの昆布巻き)」

材料(2~3人分)

刺身用サーモン:1柵(10㎝、150~200g)
塩:少々
早煮昆布:10×25㎝3枚
かんぴょう:24㎝6本
水:1/2カップ
食紅:極少々
酒:大さじ2
@淡口醤油:大さじ1
@みりん:大さじ1
@砂糖:小さじ1
@塩:少々

作り方

① 昆布の下ごしらえ
・ 早煮昆布はバットに入れてヒタヒタの(2カップ)を注ぐ。落としラップして30分おいて戻す。
② かんぴょうの色付け
・ かんぴょうはサッと洗い、ボウルに入れて(小さじ1/4)をふってしっかり揉み込む。
・ もちっと弾力が出たら、を洗い出し、水けをしっかり絞る。
・ ボウルに食紅を入れ、かんぴょうを浸し、落としラップをして15分おく。
・ サッと洗って絞り、淡いピンクに色付けする。
③ サーモンは縦3等分。バットにのせてをし、冷蔵庫に15分おく。出てきた水けを拭き取る。
④ 昆布を取り出して水けを拭く。戻し汁は取りおく。
⑤ 1枚を広げて縦長におき、手前にサーモン1切れをのせ、手前からきつめに巻く。
⓺ 巻き終わりを下にして、かんぴょう2本で2か所を結んでとめる。3本同様に。
⑦ 小鍋に結び目を上にして入れ、を加える。
⑧ 昆布の戻し汁をヒタヒタになるまで加えて強めの中火
⑨ 煮立ててアクを除き@を加えて落し蓋、弱めの中火25~30分煮る。そのまま冷やして味を染み込ませる。
⑩ 両端を少し切り落とし、結んだかんぴょうが中央になるように2等分。
※ 煮汁につけたまま保存容器に入れ、3日間冷蔵保存可能。

「祝い肴(数の子)」

材料(2~3人分)

塩数の子:5本(200g)
【漬け汁】
@だし汁:1カップ
@淡口醤油:小さじ1/2
@みりん:大さじ1
@塩:小さじ1/4
柚子の皮:2片
削りがつお:適量

作り方

① 塩数の子とたっぷりの水を保存容器に入れ、途中で水を2回かえながら冷蔵庫に半日おく(塩抜き)
※ 塩けを少し感じるくらいが◎ 抜き過ぎない。
③ 漬け汁をつくる
・ 小鍋にを入れてひと煮立ち、火を止めて粗熱をとる。
・ 柚子の皮を加える。
④ 数の子の薄皮を指でこするように除き、水で洗って水けを拭く。
※ ペーパータオルを使って皮をとっても◎
⑤ 保存容器に数の子漬け汁を入れ、冷蔵庫に一晩おいて味をなじませる。
⓺ 数の子は汁けを切って器に盛り、削りかつおをのせる。
※ 漬け汁につけたままで1週間冷蔵保存可能。

上島亜紀さんレシピ

祝い肴(田作り・サーモン昆布巻き・数の子)
鯛の和風カルパッチョ・カブとパプリカのエスニックなます
エビのかぶら蒸し・酢ダコと野菜のマリネ
牛にぎりずし・春菊と干し柿のごま和え
紅白おでん・変わり焼き餅3種
鶏南蛮そば

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

笠原流おせち
黒豆
カステラ卵
桜エビ入りたたきゴボウ
3種の田作り
数の子の土佐和え

大原千鶴のお手軽おせち
長芋と結びお揚げの炊いたん
黒豆
ひたし豚
くるみ田作り
紅白なます2種

大原千鶴のハレの日おつまみ
数の子ポテトサラダ
甘えびの2種盛り・甘えびの頭の唐揚げ
いくらのクリームチーズ軍艦
うにバターバゲット
ミモレット大根

荒木典子さんのおせち
黒豆・数の子・たたきごぼう
田作り・栗きんとん
花れんこん・煮なます
卵焼き・鴨ロース・鴨鍋
白みそ雑煮

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→上島亜紀 おせち

タイトルとURLをコピーしました