【きょうの料理】樋口直哉「ブリの煮つけNEO」半歩先行くレシピ

スポンサーリンク

2022年11月28日(月)NHK「きょうの料理

現代の食生活に合わせて
定番のレシピを見直してみたら?

ということで
「煮魚」のプロセスを
樋口直哉さんが合理的に整理しました!

「煮魚は手間がかかる」
そんなイメージを覆すレシピは
・霜降り不要
・冷たい煮汁から作る
・煮汁を煮詰めてソースのように仕上げる
という
半歩先行くネオ煮つけです。
早速ご紹介します。

>>関連タグ→樋口直哉 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブリの煮つけNEO」

霜降り要らずの煮魚。

材料(2人分)

ぶり:2切れ(200g)
しょうが:1片(15g)
にんにく:1片(12g)
貝割菜:1パック
【煮汁】
酒:1/2カップ
水:1/2カップ
砂糖:大さじ3~4
醤油:大さじ2

1人分

290kcal 塩分1.8g

作り方

① 下ごしらえ
・ 貝割菜は根元を除く。
・ ブリは冷水で洗い、水分を拭く。
※ ブリは冷水で洗って表面のヌメリをとる。切り身なら「霜降り」要らず!
・ しょうがは叩き潰し粗く刻む。
・ にんにくも同様に潰して縦半分。
② 鍋に煮汁の材料ブリしょうがにんにくを入れ、落し蓋をして中火
③ 沸騰して3分煮てブリを取り出す。
※ 冷たいところから煮始める。
→ 手軽!
→ 熱い煮汁で魚の皮が破れる心配なし!
④ 貝割菜を加えてサッと火を通し、取り出す。
⑤ 火を強め煮汁に好みのトロミがつくまで3~5分煮詰める。
⑥ ブリを戻し入れて揺すりながら温め、表面に煮汁を絡める。
※ ブリの表面に煮汁がのっかるくらいが目安。
⑦ 器に盛って煮汁をかけ、貝割菜を添える。
 煮魚の味を決めるのは煮汁の濃度。
 ブリは加熱しすぎて堅くなる前にいったん取り出し、最後に鍋に戻して煮汁をソースのように絡める。

半歩先行くレシピ

ゆで上げアスパラと目玉焼きNEO
豚のしょうが焼きNEO
ブリの煮つけNEO
もやし炒めNEO
白和えNEO

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→樋口直哉 

タイトルとURLをコピーしました