【きょうの料理】脇元かな子「五目炊き込みごはん」作り方|プロ直伝

スポンサーリンク

2022年11月15日(火)NHK「きょうの料理

一流料理人に極意を教わるシリーズ「プロ直伝」
11月は脇元かな子さんの「炊き込みごはん」です。

家庭でも必ずおいしく炊ける技
とっておきの炊き込みごはん
早速ご紹介します!

>>関連タグ→釜-1 炊き込みごはん 混ぜごはん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

脇元かな子さん直伝プロのワザ

① 1時間以上しっかり浸水させ、ふっくら炊き上げる。
② 各素材に適度な火入れをし、食感を残す。
③ は具と分けて炊き、水分量のコントロールを。
↑ 失敗なく味が決まる!

【鍋で炊く場合】
※ 厚手の鍋が◎
① を入れて蓋。
② 弱めの中火5分
③ 強火2~3分かけて沸騰。
④ ごく弱火12分炊く。
⑤ 火を止め、具をのせて混ぜる。

※ 脇元さんは炊飯専用の土鍋使用。

「五目炊き込みごはん」

材料(3~4人分)

米:2合(360㎖)
鶏もも肉:200g
ごぼう:50g
人参:50g
しめじ:180g
舞茸:100g
三つ葉:少々

【煮汁】
だし:360㎖
薄口醤油:大さじ2+2/3
みりん:大さじ2+2/3

1人分

410kcal 塩分2.3g

作り方

① 米を浸水させる
・ は洗ってボウルに入れ、たっぷりの水を注いで1時間以上浸水させる。
・ ザルに上げて水けをしっかりきり、鍋に入れる。
② 野菜を切る
・ ゴボウは皮をこそげ、薄いささがき。水に軽くさらしてアク抜きしザルに上げる。
・ 人参は3㎝長さ、1㎝幅の短冊形。
・ しめじ舞茸は根元を落とし、食べやすくほぐす。
・ 三つ葉は1㎝幅に切る。
③ 鶏肉を皮側のみ焼く
・ 鶏肉は身側に(少々)をふる。
※ OAでは「皮目に塩」って言ってましたね?むむむ?
・ 表面加工のあるフライパンに鶏肉の皮を下にして入れ、中火
・ じっくり焼き、香ばしい焼き色がついたら取り出して、1.5㎝角に。
※ 脂が多い場合は軽く拭く。
④ 鶏肉と野菜を炒めてから煮る
・ 同じフライパンに鶏肉野菜を入れて強めの中火3分炒め合わせて火を通す。
・ 全体がしんなりしたら煮汁の材料を加える。
・ 軽く混ぜ合わせ、沸いたら蓋をして5分煮る。
※ 短時間で火を通し、ゴボウのシャキッと食感を残す。
⑥ 煮汁と具に分け、米を炊く
・ ボウルに目の細かいザルをのせ、煮た材料を注いで煮汁に分けて粗熱を取る。
・ 煮汁を加えて380㎖にする。煮汁が多い場合は減らして380㎖に。
・ の鍋に煮汁を注ぎ、蓋をして強火8分かけてフツフツ沸騰させる。
・ 火を止め、そのまま12分蒸らす。
⑧ 具をのせて混ぜる
・ 蒸らし終わったら三つ葉をのせ、しゃもじで大きく混ぜ合わせる。

今回紹介されたレシピ

五目炊き込みごはん
サンマごはん

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

プロ直伝シリーズ

一流料理人に極意を教わるシリーズ。
【2022年】
1月は野﨑洋光さんの「煮魚
2月は樋口宏江さんの「クラムチャウダー
3月は大宮勝雄さんの「メンチカツ
5月は脇屋友詞さんの「担々麺
6月は島津修さんの「いわしの梅煮
7月は鈴木美樹さんの「ミートソーススパゲッティ
8月は斉風瑞さんの「棒棒鶏
9月は石井真介さんの「ムニエル
10月は和知徹さんの「ハンバーグ
11月は脇元かな子さんの「炊き込みごはん

4月は落合務さんの「ボンゴレビアンコ
5月は井桁良樹さんの「青椒肉絲チンジャオロースー
6月は坂田阿希子さんの「究極のフライドチキン
7月は神田裕行さんの「アジの押し寿司
8月は斉風瑞(さいふうみ)さんの「ねぎワンタン
9月は島田哲也さんの「ステーキ
11月は按田優子さんの「餃子
12月は陳健太郎さんの「春巻

脇元かな子さん情報

空花

虎ノ門 空花 (神谷町/懐石・会席料理)
★★★☆☆3.20 ■予算(夜):¥20,000~¥29,999

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→釜-1 炊き込みごはん 混ぜごはん

タイトルとURLをコピーしました