【きょうの料理】煎り酒で「ブリとれんこんの照り焼き」村田吉弘

スポンサーリンク

2022年11月23日(水)NHK「きょうの料理

今回は
梅干しを日本酒に入れて煮詰める
煎り酒」を学びました。

古来より親しまれてきた
現在の醤油のようなものですが
「より素材の風味を引き立てる」と言われており
梅干しから出る鮮やかな色合いと
上品な塩味、酸味が魅力だそうです。

村田家に代々伝わる「煎り酒」と
そのアレンジレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→村田吉弘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「煎り酒」

梅干しの種からウマミ、香りが出るので
だし要らず!

材料(約200㎖)

梅干し:塩分15%3個(60g)
日本酒:2カップ
粗塩:ひとつまみ

全量

90kcal 塩分7.0g

作り方

① 梅干しは種を除き、半分にちぎる。
※ 種も使います。
② 鍋にすべての材料を入れ、梅干しの種も加えて強火
③ 沸騰したら弱火、半量になるまで15分煮詰める。
④ 冷めたらザルで濾し、清潔な保存容器に移す。
※ フツフツした状態を保ってじっくり煮詰める。
※ 残った梅干しの果肉は料理に加えても◎
※ 冷蔵庫で1か月保存。
・ オリーブ油と混ぜてドレッシングに。
・ そうめんやうどんの浸けつゆに。
・ 茹でた青菜をあえてお浸しに。

「ブリとれんこんの照り焼き」

煎り酒で魚のクセを和らげる。

材料(2人分)

ぶり:2切れ(240g)
れんこん:120g
@煎り酒:120㎖
@みりん:60㎖
青じそ:適量
小麦粉:適量
サラダ油:大さじ1

1人分

470kcal 塩分2.3g

作り方

① 下ごしらえ
・ れんこんは皮を剥き、一口大の乱切り。
・ 耐熱皿にのせ、ふんわりラップして600Wで3分レンチン。
・ ブリれんこん小麦粉をまぶす。
※ 余分な粉ははたく。
・ は混ぜ合わせる。
・ 青じそは細切り。
② フライパンにサラダ油中火で熱し、ブリを焼く。
③ 片面に焼き色がついたら上下返し、れんこんを加える。
④ れんこんに焼き色がついたらを加えて強火
⑤ 時々ブリ煮汁をかけながら煮詰める。
⑥ トロミが出てきたら器に盛り、煮汁(適量)をかける。
⑦ 青じそを添える。

村田吉弘さんの万能調味料

煎り酒
手羽元と里芋の梅煮
豚肉とかぶのサッパリ炒め
ブリとれんこんの照り焼き

うまみそ酢
厚揚げのボリュームステーキ
サバのうまみそ酢煮
キノコのうま味噌炒め

うまみ酢
春キャベツの豚しゃぶ煮
サワラの梅煮
鶏もも肉の照り焼き
新たまねぎとセロリのマリネ
ブロッコリーとカリフラワーの和風ピクルス
かぶのうまみ酢サラダ
タケノコと菜の花のさっぱり炒め

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→村田吉弘

タイトルとURLをコピーしました