【きょうの料理】「カステラ卵」作り方|笠原流シンおせち

スポンサーリンク

2022年12月12日(月)NHK「きょうの料理

やってきましたこの季節。
縁起の良い食材を使った特別なごちそう「おせち

笠原将弘さんのお店でも人気の高い「カステラ卵」は
型に流し入れて蒸すので失敗が少ないレシピだそうです。
フワフワ食感で上品な甘さのおせち
早速ご紹介します!

>>関連タグ→おせち クリスマス 笠原将弘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カステラ卵」

「カステラのようなフワフワ食感」

材料

22×8×高さ6㎝のパウンド型1台分

溶き卵:4個分
白身魚のすり身:100g
@みりん:大さじ4
@砂糖:30g
@塩:少々

全量

630kcal 塩分1.7g

作り方

① 白身魚のすり身をフードプロセッサーに入れる。
② 溶き卵を3~4回に分けて加え、その都度滑らかになるまで撹拌。
③ を加え、さらに撹拌。
※ 卵を一度に加えるとすり身の粒が残ってしまうので、数回に分ける。
④ ザルで濾して滑らかにする。ザルの底に残ったすり身は、ゴムべらで丁寧にすり潰す。
⑤ パウンド型にラップを敷いて生地を流し入れ、ゴムべらで表面をならす。
⑥ 台に型ごと軽く2~3回落として空気を抜く。
⑦ 蒸気の上がった蒸し器に入れ、割り箸2本を型にのせてペーパータオルをかぶせる。
※ 蒸す間に水滴が落ちないように。
⑧ 蓋をして弱火~中火20~30分蒸して火を通す。
※ 竹串を刺して何もついてこなければ◎ 
⑨ 粗熱を取り、型から出してラップを外し、食べやすく切る。
※ 塊のまま保存し、食べるときにその都度切る。
※ 5日間冷蔵保存可能。

おすすめレシピ

>>関連タグ→おせち クリスマス

笠原流おせち
黒豆
カステラ卵
桜エビ入りたたきゴボウ
3種の田作り
数の子の土佐和え

大原千鶴のお手軽おせち
長芋と結びお揚げの炊いたん
黒豆
ひたし豚
くるみ田作り
紅白なます2種

大原千鶴のハレの日おつまみ
数の子ポテトサラダ
甘えびの2種盛り・甘えびの頭の唐揚げ
いくらのクリームチーズ軍艦
うにバターバゲット
ミモレット大根

荒木典子さんのおせち
黒豆・数の子・たたきごぼう
田作り・栗きんとん
花れんこん・煮なます
卵焼き・鴨ロース・鴨鍋
白みそ雑煮

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

>>関連タグ→おせち クリスマス

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→おせち クリスマス 笠原将弘

タイトルとURLをコピーしました