【きょうの料理】鳥羽周作「パリパリローストチキン」作り方

スポンサーリンク

2022年12月27日(火)NHK「きょうの料理

sio鳥羽周作さんによる
・ 料理がおっくう
・ マンネリ
などのリアルな悩みを
遊び心で楽しく解決するシリーズ「強火で行こうぜ!」です。
マネしたくなるレシピが毎月登場しています。

今回取り上げるのは
年末年始におすすめ「いつもの食材でごちそう」です。

オリーブ油、にんにく、ハーブでマリネして焼くローストチキン。
アロゼでパリパリ・じゅわっと焼き上げるそうです。
早速ご紹介します!

>>関連タグ→鳥羽周作 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「パリパリローストチキン」

材料(1人分)

鶏もも肉:小1枚(200g)
にんにく:2片
ローズマリー:2枝(バジル、タイムでも◎)
オリーブ油

1人分

520kcal 塩分2.7g

作り方

① 下ごしらえ
・ にんにくは半分に切って潰す。
・ ローズマリーは半分に切る。
・ 保存袋に鶏肉にんにくローズマリーオリーブ油(大さじ4.5)、(ひとつまみ)を入れる。空気を抜いて口を閉じ、常温で30分漬ける(マリネ)
② 冷たいフライパンに皮を下にして鶏肉を入れ、(ふたつまみ)をふる。
※ 鶏肉の油は拭き取らない。
※ コールドスタートで、ゆっくり温度を上げていくのがやわらかく仕上げるコツ。
③ フライパンを中火にかけ、オリーブ油(大さじ1)を足す。
④ パチパチ音がしてきたら、をスプーンでかけながら8~9分火を通す(アロゼ
※ 油がはねやすい!
※ 肉の厚みのある部分を中心に肉全体に回しかけてゆっくりと火を通す。
※ 肉を上から押さず、多めの油でじっくり焼いてパリパリに。
⑤ の色が変わって皮がパリッと焼けてきたら上下返す。
⓺ 1~2分焼き、鶏肉に火が通ったら◎ 
※ 肉の側面はフライパンの縁を使いながら焼く。
※ 肉にムッチリした弾力が出てきたら焼き上がり。

今回紹介されたレシピ

パリパリローストチキン
ローストポテト
ヨーグルトレアチーズケーキ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おすすめレシピ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→鳥羽周作 

タイトルとURLをコピーしました