【きょうの料理】栗原はるみおすすめ!「ピリ辛タレのよだれ鶏」キッチン日和

スポンサーリンク

2023年1月4日(水)NHK「きょうの料理

栗原はるみさんが
料理と暮らしの楽しみ方を伝えてくださる「キッチン日和

今回は
よだれ鶏」が登場しました。
しっとり茹でた鶏むね肉とピリッと辛いタレが好相性。
キュウリと一緒にさっぱりと、だそうです♪

早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「よだれ鶏」

材料

鶏むね肉:1枚(300g)
紹興酒:大さじ1/2(酒でも◎)
しょうが:2~3枚
ねぎ:青い部分1本分
キュウリ:2本
【タレ】
ねぎ:みじん切り大さじ3~4
にんにく:みじん切り大さじ1
しょうが:みじん切り大さじ1
ごま油:大さじ1
@醤油:大さじ4
@酢:大さじ4
@砂糖:大さじ2
韓国産粗挽粉唐辛子:大さじ2(一味唐辛子少々でも◎)

全量(タレは2/3量計算)

530kcal 塩分7.2g

作り方

① 下ごしらえ
・ 鶏むね肉は常温に戻し、厚みのある部分に3~4本切り込みを(必ず)入れる。
・ しょうがは薄切り。
② タレをつくる
・ 小さなフライパンにごま油を熱してねぎにんにくしょうがを入れる。
・ 水分をとばしながら、弱火~弱めの中火でしんなりするまで炒める。
・ を加えて混ぜ、火を止めて粉唐辛子を加え、なじませる。
※ 一晩おくとさらに味がなじむ!
③ 鶏肉がちょうど入るくらいの小鍋(直径16㎝)に(1カップ)を入れて沸かし、紹興酒を加える。
④ 再びしっかり沸いたら鶏肉しょうがねぎを加え、蓋をして弱火5分茹でる。
※ 途中で上下返す。
⑤ 火を止め、蓋をしたまま10分おいて中まで火を通す。
⓺ 鶏肉に火が通ったら粗熱を取り、皮を除いて手で粗めに裂く。
⑦ キュウリは縦半分に切って麺棒で叩き、5~6㎝長さに切る。
⑧ 器にキュウリを盛って鶏肉をのせ、タレ(適量)をかける。
※ 残ったタレは冷蔵庫で10日間保存可能。

「キュウリの黒酢漬け」

材料

キュウリ:2本
黒酢:大さじ2
酢:大さじ1
醤油:小さじ1~2
砂糖:小さじ1
赤唐辛子:少々
ごま油:適宜

作り方

① キュウリは麺棒で叩き、3㎝長さに切る。
② ボウルに黒酢、酢、醤油、砂糖、小口切りの赤唐辛子を混ぜてタレをつくる。
③ キュウリを加えて1~2時間おき、馴染ませる。
④ 好みでごま油をかける。

全量

60kcal 塩分0.9g

今回紹介されたレシピ

黒酢の酢豚
よだれ鶏
ホタテとエビの紹興酒漬け

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました