【きょうの料理】土井善晴「黄金比の豚こま丼」作り方

スポンサーリンク

2023年1月16日(月)NHK「きょうの料理

季節を感じてホッとする味を紹介する
土井先生の「ふつうにおいしいもん

年始めに学ぶのは
「ごはんとおもち」です。

ここでは
丼だしを学び
茶碗蒸しのようにふんわり火を通した卵をかけた
「豚小間丼」に挑みます。

>>関連タグ→

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「豚小間丼」

材料(1~2人分)

豚小間肉:100g
ねぎ:1/2本(50g)
丼だし:90㎖
卵:1~2個
ごはん:茶碗1~2杯分
サラダ油

【丼だし(250㎖)4:1:1
水:1カップ
醤油:1/4カップ
みりん:1/4カップ
砂糖:大さじ1
昆布:8㎝四方1枚
煮干し:10g

1人分

510kcal 塩分1.9g

作り方

① 下ごしらえ
・ ネギは1㎝厚さの輪切り。
・ 豚肉は小さめに食べやすく切る。
・ はボウルに割りほぐす。
② 小さめのフライパン(直径18㎝)にサラダ油(大さじ1/2)を中火で熱し、ネギを入れて焼き目がつくまで炒める。
③ 火から下ろしてフライパンを冷まし、丼だし豚肉を加え、再び中火
④ 豚肉にほぼ火が通ったら、煮立っているところに溶き卵を少しずつ流し入れる。
⑤ がクツクツしてきたら蓋、ごく弱火2~3分蒸し焼き。
「蛍みたいに」
※ 卵ごとフワッと膨らめばOK。
⓺ 器に温かいごはんをよそい、フワフワをのせる。

【丼だし】
① 小鍋に材料を全入れし、弱火でゆっくり煮立たせる。
※ 昆布が大きく戻るまで、時間をかけて煮立たせる。
② ひと煮立ちさせたら火を止め昆布煮干しを取り出す。

ふつうにうまいもん

豚こま丼
青菜のみそ汁
餅入り味噌ラーメン

具だくさん野菜みそ汁
ほうれん草のおひたし
かき大根

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました