G-1N9MXZG78Z 【石垣・波照間旅④】幻の酒「泡波」入手!|居酒屋「あがん」

【石垣・波照間旅④】幻の酒「泡波」入手!|居酒屋「あがん」

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

2023年3月
石垣島・波照間島の旅記録④であります。

【石垣・波照間旅①】雨の石垣島観光 
【石垣・波照間旅②】レンタサイクルで曇天の竹富島観光
【石垣・波照間旅③】レンタカーで石垣島一周!
【石垣・波照間旅④】幻の酒「泡波」入手!|居酒屋「あがん」

8日間の旅程、全て雨か曇りの予報。

マジすか?引くわ~。
海、海、海どうすんの?
観光どうしてくれるん?
台無しやん?
がっかりこの上なし。
あ~あ。しんど。

凹みまくりボヤきまくりのスタートだったこの旅ですが
大荒れ予報でも
変わりやすい天気に助けられることも多くて
それなりに楽しめたので

・荒れても美しかった海
・並んでも入手したい泡盛「泡波」GET
・波照間島「はこな旅館」
・レンタカー、レンタサイクルでの島内観光
・グルメ記録
などを記しておきます。

体が動くうちに(自転車がこげるうちに)再訪したいので備忘録として。
そして
同じように雨で凹んでいる方の参考になったらな、と。

そうそう3月後半は
雨続きで肌寒かったです。
そして風が強くて
折り畳み傘がひっくり返って壊れそうでした(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

波照間島へGO

乗る予定だった第2便が欠航とのことで、いきなり出鼻をくじかれる。
スケジュール変更だよ(怒)

毎度おなじみ離島ターミナルから乗船し
念のための酔い止めを飲んで寝たら着いてました(笑)
席に余裕があって横にもなれたし。

もうね。
めっちゃ雨めっちゃ風。
寒い!
台無しよ、俺たちの波照間。

マンホールがかわいい。
描かれている南十字星は、次回に持ち越しですね。

しかし荒れてもニシハマの海はキレイだった。
テンション上がるぞ。

はこな旅館到着

港にお迎えに来てくださったはこな旅館さん。
車の中で島の説明をいろいろ聞く。
共同売店の昼休みは3時間?
↑集落ごとに売っているモノに特色があり、休み時間も違うとの説明もあったかな。

朝8時に爆音でカッコウ♪が流れる。
微妙なアレンジで爆笑のうちに目覚めました。 
悪くない。

朝食はおじいの畑の野菜オールスターズ!
パパイヤ入り切干大根煮物、スパム、アーサ卵焼き、ゴーヤー、サニーレタスの炒め、玄米ご飯(3部づき?)あおさと豆腐の味噌汁、野菜サラダ、だったかな。
野菜多めの嬉しい朝食らしい。

【公式】日本最南端・波照間島の宿 はこな旅館
...

居酒屋「あがん」

「あがん」で夕飯。
電話がつながらないので
散歩がてら直談判に行って予約を勝ち取りました。

島での教訓!
電話は出ない!直接行け!
「使われておりません」な番号も多数。

泡波のボトルキープが圧巻!
ここでしか見れない光景ですね。
東京価格ならどれくらいなんだろ?


豚肉みそ◎食感が面白い

 
シソみたいなナゾ野菜入りサラダ
ドレッシングも良き加減。


アーサー餡かけチャーハン
これ美味かったな~。


紅芋のポテサラ(甘め)
これはデザートだな。


しょうが焼き


そば


ミミガーのチャンプルー+ふうチャンプルー
ちりちりのミミガーがかわいい! 

などなど。
どれもこれも非常に美味しかったです。
泡波が合いまくる!

メニュー写して来ればよかったな。

居酒屋 あがん (竹富町その他/沖縄料理)
...

サイクリング

翌日、雨が上がって少し晴れ間が!

はこな旅館をチェックアウトし
レンタサイクルをお借りしました。
嬉しくて激走。
坂が多いため、電動が正解。
牛やヤギ
そして珍しそうなチョウチョがたくさん舞っていました。

ニシハマ

上陸当日、激しい風雨の中でも美しかった海が、翌日の晴れ間で本気を出した!
そうだった。
これこそが波照間ブルーだ!
そりゃもう、足、浸けるよね、はしゃぐよね(笑)
母はコレを君たちに見せたかったのだよ。

浜シタン群落方面のビーチ

浜シタン群落は、波照間島の東側、ペー浜と毛崎の中ほどの海岸で見ることができます。樹齢数百年に及ぶ大木もあり、竹富町指定天然記念物にもなっています。海岸の隆起サンゴ礁に根を張り巡らせ、小ぶりの白い花を咲かせます。
今では自生する浜シタンは少なく、これほどの群落や古木が生育している場所は珍しい。

https://www.okinawastory.jp/spot/600006905

その後、ニシハマから少し下った浜シタン群落方面のビーチでヤドカリ観察。
今まさに引っ越ししそうな、貝の大きさを測っているヤドカリを見つけて、アテレコ合戦を楽しんだ。
ああ、おばかぞく。

「あらぶち」で昼食

ここから昼飯探し。
これがなかなか険しいものに。

電話には出ないし
どこもかしこも休んでるし。
ころすきか!

そんな中なんとか「あらぶち」にて
ソーキそば
八重山そばで作る焼きそば
しょうが焼きセット
にありつける。


どうも我々が最後の八重山そばだったらしくて、間一髪セーフ!
残念ながらジューシーは品切れだったけれども。

八重山そばが切れてしまったため、おかみさんがその後の客に
「『めっしー』空いてなかった?」と促していたが
その後ターミナルで「めっしー」のお休みを確認してしまう。
むごい。
横のつながりはないらしい。

最南端の碑

ゆっくり遊び過ぎてなかなかの時間に。
激走の末、最南端の碑、踏破!

ショートカットしてはこな旅館に戻りチャリを返却。
ターミナルまで送っていただく。
おじいありがとう!また来ます♡

ターミナルの売店でアイスを食べたり、ちんすこうを買ったり。

幻の酒「泡波」GET

さてさて。
時系列を無視し、遂にメインイベントを記す時が来たか。
「泡波」のために波照間に上陸したと言っても過言ではないのだから。

8時のカッコウ放送で飛び起きて身支度。
朝飯も食べずに徒歩で泡波酒店へ。
8時半には到着、誰もいない…。
あれ?誰も並んでないの?
ちょっと拍子抜けです。

あとは店が開くのか、商品があるのか、ですよ。
どこまでもヒヤヒヤなのよね。

数分後に、3日間泡波酒店に通っているというお姉さまが並ぶ。
なんでも前日は「升升半升」しか無かったのでノーチョイスで購入し、既に自宅へ送ったのだとか。
そんなことが?
どうする?4.5ℓよ?
(益々繁盛=升升半升 1升+1升+0.5升=1.8ℓ×2+0.9ℓ=4.5ℓ 粋だわ)
いやそれでも欲しい。
何としても欲しい。

お店の方がやってきて遂にオープン。
「私も(店を)開けるまで何があるか分からないんですよ」
へ?どんなシステムなん(笑)?

「あ、一升がある!」
「うぉ~!!」
よく理解できてない私よりも、私の後ろに並んでいる方々から歓声が上がる!
「一升瓶初めて見た」と言う方もいらして
とにもかくにもラッキーだった模様。
本当は手ごろな2合、3合が欲しかったのだけれど、それは贅沢というもの。
相場を知っているので1升なんてお高いんだろうな、ゴクリと覚悟したが
定価は1,900円!
も一度言うぞ1,900円!
ひえぇ!
むしろ100㎖×10本のほうが高いっていうな。

とにかく購入して、持ち帰り手段は後でゆっくり考えよう(笑)
5ℓまでは大丈夫なのだから。

旅館で緩衝材をいただいてグルグル巻きに。
リュックに入れて前に抱き、
飛行機に搭乗して足元に寝かせる。
その後バス・電車に乗車も、前抱きを崩すことは一切せず
イヤだストイック
無事、自宅までお迎え仕りました。

やったぞ!

さすがにもったいなくて開けられないかもだな~(笑)
ああオレの泡波さま♡

おしまいに

帰りも第2便が欠航。
そして第3便の波はえぐえぐ。
無重力のふわっとしたヤツ食らいまくりました。
アトラクションと思えばコスパ良いのかもしれんな。

グレートバリアリーフ、ニューカレドニア、サイパンの海経験者がいてもなお
波照間ブルーに歓声が上がったので
母は安堵いたしました。

全滅だったはずの天気が
少しだけ微笑んでくれて
ホントに良かった!

次こそ南十字星を見るぞ!

…最終日は飛行機に乗って帰るだけ

タイトルとURLをコピーしました