rel 【おいしいのきっかけ】栗原はるみ「牡蠣の炊き込みごはん 卵のっけ」作り方

【おいしいのきっかけ】栗原はるみ「牡蠣の炊き込みごはん 卵のっけ」作り方

栗原はるみさんのアイデアが素敵なメニュー
旬の牡蠣が中華風の味付けで炊き込みごはんに変身します。

プリプリの牡蠣と甘いたまご焼きが絶妙なハーモニーで
後を引く美味しさです。

では早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「牡蠣の炊き込みごはん 卵のっけ」

材料(4人分)

牡蠣:16個(300g~350g)
水:1.5カップ
紹興酒:大さじ2(酒でもOK)
@オイスターソース:大さじ2
@醤油:大さじ1
米:2カップ400㎖(洗ってざるに上げ15分置く)
ゴボウ:1本(200g)
ごま油:大さじ1~2
塩・粗挽黒コショウ:各少々 
卵:8個
砂糖:大さじ4
サラダ油:少々

作り方

① 牡蠣は洗って汚れを落とし水けをふき取っておく。
② 水に紹興酒を入れ沸騰したら牡蠣を入れる。
③ 1分煮たら蓋をして火を止め10分蒸らす。
④ 身とゆで汁に分ける。
⑤ ゆで汁に@を加えて2カップにする。
※ 足りない場合は水を足す。
⑥ 土鍋に米と水分を同量入れて牡蠣をのせ、蓋をして煮立ったら弱火で10~12分炊く。
⑦ 火を止めて蒸らす。
⑧ ゴボウ1本を4㎝のささがきにする
⑨ 水にさらしてアクをとったら水気をよく切る。
⑩ ごま油で焼き色がつくまで強火で炒め塩・コショウで味を調える。
⑪ ごはんを優しく混ぜて皿に盛り、ゴボウをのせる。
⑫ 卵2個に砂糖大さじ1を加えてよく混ぜ、熱したフライパンにサラダ油を引き、卵を混ぜながらゆるめの半熟に焼く。
⑬ ごはんの上にのせて出来上がり。

今回紹介された他のレシピ集

おしまいに

しょっぱいごはんと
ホッとする甘みの卵との無限ループが
危険な一品になってしまいました。

ゴボウの食感もよさげ。

旬の牡蠣の旨みを吸いまくったごはんは
想像しただけでクラクラします(笑)
そうです空腹なんです

ぜひ作ってみてくださいね。
最後までご覧くださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました