rel 【プロフェッショナル】タサン志麻「じゃがいものピュレ+牛肉のトマト煮=フランス風グラタン」

【プロフェッショナル】タサン志麻「じゃがいものピュレ+牛肉のトマト煮=フランス風グラタン」

NHK「プロフェッショナル」~タサン志麻さんのおうちごはんスペシャル~で
伝説の家政婦・タサン志麻さんが
フランス風らくらくグラタン」の作り方を披露してくださいました。

なんでもフランス人にとって
肉じゃがみたいなポジションのメニューなんだとか。
洒落とるな(笑)

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「じゃがいものピュレ」

材料

じゃがいも(メークイン):5個
バター:25g
牛乳:150㎖

作り方

① じゃがいもは皮を剥き2㎝の輪切りにして鍋で茹でる。

② じゃがいもがホロっとするくらいまで茹ったらザルに上げフォークで潰す。再び火にかけて水分を飛ばし味を濃くする。

③ バターを加えて溶かし混ぜ、牛乳を少しずつ加えて滑らかにのばしながらひと煮立ちさせる。

「牛肉のトマト煮」

材料

玉ねぎ:1個
牛小間肉:250g
トマト缶:1個
水:100㎖
塩・コショウ:適量
ケチャップ:大さじ3
中濃ソース:大さじ2
砂糖:適量
油:適量

作り方

① フライパンに油を引いて薄切り玉ねぎを炒める。塩をして玉ねぎがしんなりしたら肉を加えて炒める。

② 肉の色が変わったらトマト缶を開け、トマトをほぐしながら汁ごと入れる。水、ケチャップ、ソースを加えて10分煮る。

③ 塩・コショウして味を調える。酸味が強い場合は砂糖を加える。

※ 大量に作ってハヤシライスに仕上げてもパスタソースにしてもGOOD。

「フランス風らくらくグラタン」

材料

ピザ用チーズ:適量

好みでクミン・カレー粉・ハーブを加えても良い。

作り方

① オーブンを250℃で予熱する。

② 耐熱皿に「牛肉のトマト煮」を入れ、「じゃがいものピュレ」をのせて表面を滑らかにしてチーズを乗せる。

③ 250℃のオーブンで20分焼いて出来上がり。

タサン志麻さん情報

志麻さんファンは待ってましたよ最新刊(笑)
「沸騰ワード10」の2年分のレシピが詰まっているらしいです。
なんと88品目も!

これでしばらく楽しめますね。

タスカジ情報

そして
志麻さんが登録なさっているのが
タスカジ」という家事シェアサービス

家事を依頼したい我々と
志麻さんみたいな素晴らしいハウスキーパーさんをマッチングするのが「タスカジ」なんですね。

ハウスキーパーさんと直接やり取りするので
好みにカスタマイズできるところが斬新。

そしてなんと
入会金登録料が不要

これはオーダーしやすいですね。

志麻さんみたいに調理専門の方もいらっしゃれば
掃除、お片付けのエキスパートさんも!

一度ご指南いただいて
その後自分で取り組んでもいいし
がっつりお願いし続けてもいいし。

なんだかその気になってきた(笑)

交通費やサービス対応エリアなど詳細はコチラから

おしまいに

「小間肉や薄切り肉は、ギュッと固めて空気を抜くようなイメージで保存すると良い」
とのことでした。
ペラっと薄く広げて冷凍するんじゃないのね?
知らなかった!

オーブンは
マックスの温度でチーズだけを焼くイメージなんだとか。
こちらも参考になりますね。

そして
志麻さんの「らくらく」は
当方の「らくらく」ではなかったな(笑)

ご覧くださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました