【男子ごはん】栗原心平「煎り酒で食べるお刺身」作り方|燗酒に合うおつまみ

スポンサーリンク

2021年1月24日(日)テレビ東京で放送された「男子ごはん

毎年恒例「冬のおつまみ」ですが

今回は「燗酒に合うおつまみ」をテーマに
梅干し、かつお節を日本酒に入れて煮詰める
煎り酒」を教えてくださいました。

なんでも日本の伝統的な調味料なんだとか。

現在の醤油のようなものですが
「より素材の風味を活かす」と言われており

上品な塩味と酸味が
魚の旨みを引き立たせるみたいなんです。

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「煎り酒で食べる白身魚のお刺身」

材料

刺身:鯛などの白身120g
日本酒:150㏄(塩分が入っている料理酒はNG
梅干し:3個
かつお節:5g
塩:小さじ1/5
芽ねぎ:適量
大葉:適量
みょうが:適量
すりおろしわさび:適量

作り方

① 鍋に梅干しかつお節を入れて火にかける。
② 沸騰したら弱火にして梅干しを軽く潰し5分煮る。
③ ザルで濾す。
④ をして味を調える。
⑤ 氷水に浸けて粗熱を取ったら煎り酒の出来上がり。
⑥ 薬味を切る。
⑦ 白身魚で薬味を包み煎り酒につけていただく。
※ 刺身の旨みが引き立つ!

今回紹介された他のレシピ

おしまいに

煎り酒
室町~江戸時代まで使われていた万能調味料だそうです。
白身魚や貝類との相性が良く
お浸しなどにも使えそうですよね。

あ。
TKG(卵かけごはん)はどうかしら?
ちょっと試してみたいかも。

ぜひ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました