【まんぷく農家メシ】皮までうまい「みかん鍋・みかんバーグ・みかん大福」小田原

スポンサーリンク

NHK「梅沢富美男と東野幸治のまんぷくメシ

冬の果物の王様「みかん

小田原市の
相模湾に面した温暖な気候と日当たりの良い山の斜面が
みかん栽培にぴったりなんだそうです。

漁業のイメージが強い小田原ですが
意外にもみかんの歴史は長いとのこと。

冷凍みかんも小田原発祥ですって。

アイデア満載のみかん料理と
爽やかな果汁を活かしたメニューが登場したので
早速レシピをご紹介します!

>>関連タグ→ちらし寿司

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しいみかんの見分け方

・ヘタの周りまでオレンジ色
・ヘタが小さい

よりおいしいむき方?

ヘタ側からむいた方が白い筋がよくとれる。

ただし白い筋は栄養分の通り道。
食べたほうが良いのかも?

これは好き好きで。

「みかん入りちらし寿司」

出典「まんぷく農家めし」

材料(4人分)

ごはん:3合
みかん果汁:2~2.5個分
塩:ふたつまみ
【盛り付け具材】
錦糸卵:卵1個分
みかん:薄皮をむく
アジの干物
小田原かまぼこ
塩もみキュウリ:1本分
酢れんこん
大葉
白いりごま などなど

作り方

① 寿司酢の代わりにみかん果汁を加えて使う。
② ごはんに塩もみキュウリ酢れんこんアジの干物を混ぜる。
③ 錦糸卵などネタを彩りよく盛り付ける。
④ 薄皮を剥いたみかんの実をのせる。
⑤ 白いりごまを散らす。

「みかん鍋」

皮を焼いたみかんがゴロっと丸ごとIN!

材料

みかん:小5個
豚肉
鶏つみれ
えのきだけ
しめじ
椎茸
ぎんなん(3~4個楊枝にさす)
ねぎ
白菜
人参 などなど
だしも昆布、あごだしなど好みで

作り方

※ みかんは焦げ目がつくまで両面を焼き、苦みが出すぎないように最後に入れるのがポイント。
※ その時、油はひかない。
※ 豚肉みかんを巻いていただく。

「食べると何の違和感もない。皮がうまい!」

「みかんの皮入りハンバーグ」

材料(2人分)

@鶏むねひき肉:200g
@みかんの皮:小2個分
@玉ねぎ:1/4個
@タケノコ水煮:1/2本
@卵:S1個
@芽ひじき:適量
@しょうがみじん切り:適量
@味噌:大さじ2
@コショウ:適量
みかん:スライスしたもの皮付き2枚

作り方

① 玉ねぎはみじん切りして炒め、粗熱をとる。
② 野菜みかんの皮は細かく切る。
③ ボウルで肉ダネ@を練り混ぜる。
⑤ 小判型に成形し、片面にみかんのスライスをのせて、その面から蒸し焼き。
⑥ 両面しっかり焼き色をつける。
※ みかんの果汁がソース代わりになるので、何もつけずにそのままいただく。

「みかん大福」

材料(7個分)

みかん:小7個
白あん:250g
@白玉粉:110g
@砂糖:110g
@みかん果汁:5個分
片栗粉:適量

作り方

① 皮をむいたみかん白あんで包む。
② ボウルにを入れて混ぜ、500Wで7分レンチン。
③ ヘラで練り合わせる。
※ ムラが均一になるように。
③ 片栗粉をまぶして小分けにし、白あんみかんを包んで出来上がり。
※ みかんは30秒蒸して冷水で冷やして剥くとよい。

梅沢富美男「イチゴ大福より好きかもしれない!」

おしまいに

皮はよーく洗ってから調理した方がいいんでしょうね。

ぜひ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました