rel 【きょうの料理】柳原尚之「ぶりの吸い酢蒸し」作り方|ブリが大変身

【きょうの料理】柳原尚之「ぶりの吸い酢蒸し」作り方|ブリが大変身

おかず青年隊の登場です。
今回のテーマは「冬の切り身」
2日目は「ブリが大変身」です。

吸い酢」とは
飲めるほどやさしい味の合わせ酢のこと。
脂の強いぶりと相性が良さそうです。

さすが柳原尚之さん
江戸懐石料理の嗣家!

温かい酢の物
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ぶりの吸い酢蒸し」

材料(2人分)

ぶり切り身:2切れ(200g)
紫玉ねぎ:1/2個(100g)
@酒:大さじ1
@酢:大さじ1/2
大根おろし:適量
おろししょうが:1片分
【吸い酢】
だし:1/2カップ
米酢:1/4カップ
薄口醤油:小さじ2
砂糖:小さじ1
塩:小さじ1/4

作り方

① 紫玉ねぎは繊維に沿って薄切り。
② ぶりは耐熱のバットに並べる。
③ 1切れにひとつまみずつ塩を振る。
④ 5分おいてなじませる。
⑥ @をかけさらに5分休ませる。

POINT

ぶりのクセが抑えられる。

⑦ 蒸し器にバットごと入れて強火で5分蒸す。
⑧ 汁けを切って器に盛る。

POINT

蒸し汁には生臭みが出ているので、ぶりをすぐに取り出す。

⑨ 鍋に吸い酢の材料を入れ強火で煮立たせる。
⑩ 紫玉ねぎを加えて火を止める。

POINT

紫玉ねぎは余熱で火を通し、酢で鮮やかに発色させる。

⑪ ぶりに大根おろしとしょうがをのせる。
⑫ 紫玉ねぎを汁けを切って添える。
⑬ 吸い酢を熱いうちにはる。

今回紹介された「ぶり」レシピ

おしまいに

柳原尚之さんの「ぶりの吸い酢蒸し」でした。
粋ですねー。

ぜひ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました