【きょうの料理】セリと豆腐で「塩柚子鍋」作り方|コウ静子の手仕事

スポンサーリンク

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。

香りのよい塩柚子とセリを
鶏の旨みとともにいただくレシピです。

コウ静子さんのレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「塩柚子鍋」

材料(2人分)

塩柚子の汁:大さじ2
塩柚子の柚子:2切れ
鶏もも肉:1枚(300g)
絹豆腐:1丁(300g)
セリ:1把(100g)
@だし:5~6カップ
@酒:1/4カップ
@黒コショウ:5~6粒
【薬味】
塩柚子の柚子:1切れ分
粗挽黒コショウ:適量
一味唐辛子:適量

作り方

① 豆腐は6等分、セリは2~3等分、鶏肉は一口大に切る。
② 土鍋に@、鶏肉を入れて強火にかける。
③ 煮立ったらアクを除いて弱めの中火で15分煮る。
④ 塩柚子の汁を加え、豆腐、セリ、塩柚子の柚子を加えてサッと煮る。
※ 好みの薬味でいただく。
※ 柚子は煮すぎると苦みが出るので最後に加える。

停電時でも常温の水が出る!断水対策にも◎
スリムなスタイリッシュタイプも登場

「セリ」のプチ情報

根っこが食べたい根ゼリ派です(笑)

セリの基本情報

セリはセリ科の多年草。
日本原産の水生植物です。
競り合うように生育することからセリと呼ばれるようになったとも言われています。

寒冷地では
冬に緑の野菜が少なくなることから重宝されていたそうです。

セリの栄養素

ビタミンC、葉酸、カリウム、鉄などが豊富で
貧血の方には特にいいかもしれませんね。

三関のブランドセリ

秋田の三関のセリはバカうま!ですよ。
ちょっと細めのゴボウみたいなシャキシャキ感がクセになります。
アレをいただいてから根ゼリ派に転向しました。

根の変色が速いので
あのウマさになかなか出会えないのが辛いところ。

三関のセリの入手方法

秋田へのふるさと納税って手があります!
よろしくお願いします

有楽町駅近くの「秋田ふるさと館」で入手できていましたが
今年はどうでしょうか?

根ゼリの「セリ鍋」

こちらはシンプルなセリ鍋を出すお店です↓

料理メニュー : 仙台牛タン 塩釜おでん 三代目文治 銀座本店 - 日比谷/居酒屋 | 食べログ
仙台牛タン 塩釜おでん 三代目文治 銀座本店 (日比谷/居酒屋)の投稿された料理メニューです。日本最大級のグルメサイト「食べログ」では、仙台牛タン 塩釜おでん 三代目文治 銀座本店の料理メニューを掲載中。

コウ静子さんの手仕事シリーズ

柚子茶・塩柚子
柚子キャロットラペ
鮭の柚子茶みそ
塩柚子鍋

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「
7月は井澤由美子さんの「キュウリのパリパリ漬け

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

参考になれば幸いでございます。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました