rel 【きょうの料理】減塩メニュー「鶏肉のキムチ鍋」作り方|堀知佐子

【きょうの料理】減塩メニュー「鶏肉のキムチ鍋」作り方|堀知佐子

今回のテーマは「冬の減塩」です。

料理の温度が上がるほど
舌は塩味を感じにくくなるそうです。

そのため
温かい鍋や煮物料理をいただく冬は
塩分取り過ぎの傾向が。

そこで堀知佐子さんが
わかめの塩けとニラの香り
香ばしく焼いた鶏肉の旨みで
調味料要らずのキムチ鍋を教えてくださったので

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

減塩のコツ

旨み

だしを濃い目にとり旨みの強い食材を使って、物足りなさをカバーする。
香りのある食材も強い味方。

煮る時間は最低限に

調味料を加えて長時間煮ると、塩分が食材にしみ込む。
先に食材に火を通して調味料を後から絡める工夫を。

カリウム

芋類や海藻を使って、カリウムで塩分の排出を促す。

「鶏肉のキムチ鍋」

材料(2人分)

鶏もも肉:1枚(250g)
白菜キムチ:100g
白菜:1/8個(400g)
わかめ:50g(乾燥わかめ5gを戻す)
ニラ:1/2把(50g)
水:3.5カップ
白ごま:少々

作り方

① 白菜は芯を除いて耐熱皿にのせる。
② ふんわりとラップして600Wで5分レンチン。
③ 水けをしっかり絞って2㎝幅に切る。

POINT

巻きすに包むと力を入れなくても均一に絞れる。もちろん手で絞ってもOK。スープが薄まらないので調味料を足さなくて済む。

④ フライパンに、広げて皮目を下にして鶏肉を入れる。
⑤ 弱火で皮がパリッとするまで10分ほど焼く。6等分する。

POINT

鶏肉は皮をしっかり焼くことで、旨みや香ばしさが増して食べ応えが出る。反対側は焼かずにだしを出す。

⑥ 鍋に白菜、鶏肉、キムチ、わかめを入れて水を加え中火にかける。
※ 塩蔵わかめの場合はしっかりと塩抜きする。
⑦ 沸騰して20分煮る。
⑧ ニラを加えてひと煮立ち、白ごまをふって出来上がり。

「キムチ雑炊」

① ごはん適量を水で洗ってヌメリを取る。
② 鍋に加えて強火にかける。
③ ひと煮立ちして出来上がり。

ヌメリを取らない土井流レシピはコチラ↓

おすすめ「キムチ」レシピ

堀知佐子さん情報

管理栄養士でレストランのオーナーシェフ。

ル リール (千駄ケ谷/ビストロ)
★★★☆☆3.25 ■千駄ヶ谷駅4分、新宿御苑1分。料理番組、メディアで活躍する『堀知佐子』が提案するレストラン ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

おしまいに

味覚は慣れ!
薄味を侮るなかれ。

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました