rel 【きょうの料理】減塩メニュー「牛すきオイスター煮」作り方|堀知佐子

【きょうの料理】減塩メニュー「牛すきオイスター煮」作り方|堀知佐子

今回のテーマは「冬の減塩」です。

料理の温度が上がるほど
舌は塩味を感じにくくなるそうです。

そのため
温かい鍋や煮物料理をいただく冬は
塩分取り過ぎの傾向が。

そこで堀知佐子さんが
醤油よりも塩分量の少ないオイスターソースを使った牛すきを教えてくださいました。

濃厚な旨みとコクがありながらも後味サッパリなレシピ。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

減塩のコツ

旨み

だしを濃い目にとって旨みの強い食材を使って、物足りなさをカバーする。
香りのある食材も強い味方。

煮る時間は最低限に

調味料を加えて長時間煮ると、塩分が食材にしみ込む。
先に食材に火を通して調味料を後から絡める工夫を。

カリウム

芋類や海藻を使って、カリウムで塩分の排出を促す。

「牛すきオイスター煮」

材料(2人分)

牛薄切り肉:しゃぶしゃぶ用200g
ねぎ:1本(100g)
しらたき:1/2袋(100g)
木綿豆腐:1/2丁(200g)
生椎茸:4枚(40g)
春菊の葉:1/3把分(25g)
@水:1カップ
@酒:3/4カップ
@オイスターソース:大さじ1.5
一味唐辛子:適宜
溶き卵:2個分

作り方

① しらたきは熱湯で茹でこぼして臭みを抜き、食べやすく切る。

茹でこぼし

材料を水から茹でる。沸騰したらザルに上げて水を切る。

② ねぎは1㎝幅の斜め切り、豆腐は1.5㎝厚さ、椎茸は石づきを除いて4つ割り。
③ 小鍋に@を沸かす。
④ すき焼き用の鍋に具材を並べ③加えて中火にかける。

POINT

煮汁を沸かしてから加えることで煮る時間を減らし、食材に入る塩分量を減らす。

⑤ 煮立ってから1~2分で火を止める。
※ 好みで一味唐辛子をふり、溶き卵につけて食べる。

おすすめ「牛」レシピ

堀知佐子さん情報

管理栄養士でレストランのオーナーシェフ。

ル リール (千駄ケ谷/ビストロ)
★★★☆☆3.25 ■千駄ヶ谷駅4分、新宿御苑1分。料理番組、メディアで活躍する『堀知佐子』が提案するレストラン ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました