【スクスク】ポリ袋で「ごはん」を炊く!災害時の省エネ調理|今泉マユ子の防災レシピ

スポンサーリンク

NHK「まいにちスクスク」より
管理栄養士の今泉マユ子さんのレシピです。

「普段できないことは災害時でもできない」
日ごろの備えが大切ですね。

今回は
水やエネルギーを節約する調理法を教えてくださいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポイント!

・ 熱に強い高密度ポリエチレン袋を使用する。
・ ポリ袋の空気を抜くようにして口を閉じる。
・ ポリ袋が鍋底に直接つかないように、耐熱皿を敷く。
・ 鍋の高さ1/3まで水を入れる。
・ ご飯とおかずが同時に調理できて省エネ。

災害時に役立つ道具

・ ポリ袋:ボウルのかわりにも食器のかわりにも。
・ クッキングシート:フライパンに敷いて汚さずに使える。
・ ラップ:食器にかけて使う。

「ごはん」を炊く

材料

無洗米:1合
水:1カップ

作り方

① ポリ袋に無洗米を入れる。
② 袋の空気を抜きながらねじり上げしっかり結ぶ。
③ 鍋に入れ蓋をして火にかける。
④ 沸騰したら中火20分
⑤ 火を止め10分蒸らせば出来上がり。

全がゆ

水1カップに米40g

五分がゆ

水1カップに米20g

「みそ汁」

材料

和風顆粒だしの素:小さじ1/3
みそ:小さじ2
水:1カップ

作り方

① ポリ袋に材料を入れる。
② 袋の空気を抜きながらねじり上げしっかり結ぶ。
③ 鍋に入れ蓋をして火にかける。
※ 紙コップに味噌と乾燥具材を入れてお湯を注いだ方が簡単な気がしないでもない(笑)

レトルトアレンジ

アルファ化米の戻し方。
・ 五目ごはん野菜ジュース
→ フレッシュな「ケチャップライス風」に。
・ 白米+フリーズドライのもずくスープお茶
→ しっかり味のついた「炊き込みごはん風」に。

・ サバ缶の「汁」+切干大根や乾燥わかめ
→ おかず一品誕生。お酢をかけても◎

おすすめ「防災」レシピ

「災害食の日」

今泉マユ子さんは「災害食の日」を提唱しています。
備蓄しているものだけを調理して食べる日」を設けるというものです。

・開けにくい。
・家族が好きではない。
・手が汚れる。
・水がたくさんいる。

などなど
色々な気付きが生まれて
訓練になり備えになるとのことでした。

子どもも大好き「防災レシピ」シリーズ

いわしの冷や汁」いわし蒲焼缶で
高野豆腐のエビマヨ風
高野豆腐の麻婆
お麩チョコ・羊羹のおしるこ
切干大根のツナマヨ
ポテトチップスのスープ
大豆のナゲット風
ポリ袋で「ごはん」を炊く

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました