rel 【きょうの料理】金塚晴子「いちご大福」作り方

【きょうの料理】金塚晴子「いちご大福」作り方

電子レンジで生地を作る
簡単な「いちご大福」です。

金塚晴子さんのレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「いちご大福」

材料(5個分)

あずき粒あん:150g
イチゴ:5個
白玉粉:20g
餅粉:50g
砂糖:5g

作り方

【イチゴを粒あんで包む】
① 砂糖はふるう。バットに片栗粉をたっぷりと敷く。
② 粒あんは5等分して丸め、手のひらで丸く広げる。
③ イチゴを1個ずつのせて包み丸める。
【生地を作る】
④ 耐熱ボウルに白玉粉を入れて水40㎖を少しずつ加える。
⑤ その都度ゴムべらでダマがなくなるまでよく溶かす。
⑥ さらに水70㎖を加えてよく混ぜ、餅粉を加えて泡立て器でダマがなくなるように溶かす。
⑦ 砂糖も加えてさらに混ぜる。
⑧ ラップをせずに600Wで1分レンチンして木べらで底から返すようによく混ぜる。
⑨ 再び1分レンチンしてよく混ぜる。
⑩ もう一度1分レンチンする。
※ 柔らかくてコシのある餅状にする。
※ 500Wでは1分20秒加熱。
【粒あんとイチゴを包む】
⑪ バットに餅をおき、表面に薄く片栗粉をまぶす。
⑫ 生地を5等分する。
※ ポリ手袋をするとくっつきにくく切りやすい。
⑬ 手のひらで平たくし刷毛で内側になる面の粉をはらう。
⑭ イチゴの先端を上に向けて持ち、餅生地を上からかぶせる。
⑮ かぶせたほうの人差し指と親指でつくった輪でしごくようにあん玉に沿わせ生地をのばしながら包む。
⑮ 生地の周りに片栗粉適量をまぶして上下を返し生地をつまんで口を閉じる。
⑯ 両手に片栗粉を薄くまぶし閉じ目を下にして手のひらで転がしながら丸く整える。

おすすめレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました