【きょうの料理】「青梅ジャム」重信初江の手仕事

スポンサーリンク

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。

堅い実を柔らかく下茹でし
甘みを加えて煮詰めるジャムです。

ヨーグルトやチーズと合わせて白ワインに!
早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「青梅ジャム」

材料

青梅:1㎏
グラニュー糖:400g(茹でた梅の正味の重さの半量)

作り方

① 青梅は流水でサッと洗ってザルに上げる。
② なりくちのヘタを竹串で除く。
③ 鍋に入れてたっぷりのを注ぎ中火
※ 沸騰したら梅が踊らないように加減する。
④ 皮が割れはじめが浮いてきたら火を止める
⑤ を潰さないように流水を優しく注いで冷ます。
⑥ 水を捨てる。
⑦ 再び③~⑥を行いザルに上げる。
⑧ をボウルに移し調理用ゴム手袋をして果肉を潰す。
⑨ 種を取り除く。
⑩ 果肉の重さを量って鍋に入れる。
⑪ 果肉の半量のグラニュー糖を加え混ぜてなじませ30分おく。
⑫ 弱めの中火
⑬ 煮立ったらアクを除く。
※ 「アクはグラスに入れて炭酸で割る。渋みもあって
爽快」とのことです。
⑭ ヘラで混ぜながら15分煮詰める。
※ 冷めると思いのほか堅くなるので煮詰めすぎない。
※ 冷えた皿などに少量のせて冷えたときのかたさを見る。
⑮ 熱いうちに清潔な保存瓶にたっぷり詰める。
※ 空気が入らないようにナミナミと。
⑯ 蓋をして逆さまにし完全に冷ます。
※ 常温で6か月保存可能。

おすすめ記事

重信初江の手仕事シリーズ

マイルド減塩梅干し
豚の梅しょうが焼き
ホタテとアスパラの梅おかか炒め
蒸し鶏の梅ラー油だれ
キャベツとちくわの梅肉和え
梅のカリカリ漬け
ゆで豚の梅じょうゆだれ
青梅ジャム
赤じそジュース

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました