【あてなよる】大原千鶴「白ねぎの丸焼きカルソッツ風」ねぎで呑む

スポンサーリンク

渡部陽一さんと安田美沙子さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「ねぎ」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの小粋なレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「白ねぎの丸焼きカルソッツ風」

出典:公式HP

まずはスペイン・カタルーニャのカヴァで。
爽やかな酸味とフローラルな香り。
シャンパンより安くて軽やか。

2杯目は
タンブラーに氷を入れてカヴァを注いで。
ねぎの甘みがより感じられる。
グラスを冷やし水切りするのをお忘れなく。

材料

白ねぎ:適量
大根おろし:適量
【焼肉のタレ】
醤油:大さじ2
砂糖:大さじ2
ごま油:大さじ1
おろしにんにく:小さじ1/2
中挽き唐辛子:少々

作り方

 白ねぎを金串に刺してコンロの直火で真っ黒になるまで15分くらい焼く。
※ 蒸し焼き!
② 金串から外して切り込みを入れ、焦げた部分をスルスルと外す。
③ 焼肉のタレにつけてカニの足のごとくいただく。
「極上!気に入りました!」

可愛いラベルがコレでしたね↓意外とお手ごろ

「ねぎで呑む」レシピ

白ねぎの丸焼きカルソッツ風
芽ねぎのスクランブルエッグ餡かけ仕立て
万能ねぎ塩ダレの唐揚げ
九条ねぎのにゅうめん

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました