rel 【きょうの料理】栗原はるみ「サバそぼろゴボウ入り・サバそぼろ炒飯」

【きょうの料理】栗原はるみ「サバそぼろゴボウ入り・サバそぼろ炒飯」

栗原はるみさんが
料理と暮らしの楽しみ方を伝えてくださる「キッチン日和

「さばそぼろ」は
栗原さんが長年作り続けている母の味だそうです。
今回はゴボウをたっぷり加えて食感よく仕上げています。

早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サバそぼろ たっぷりゴボウ入り」

材料(4人分)

さば:3枚おろし1匹分(正味200g)
ごぼう:大1本(180g)
干し椎茸:3~4枚(20g)
玉ねぎ:1/2個(100g)
人参:50g
しょうが:1片
@醤油:大さじ2.5~3
@みりん:大さじ2
@砂糖:大さじ2
@酒:大さじ1
絹さや:適宜

作り方

① 下ごしらえ
・ 干し椎茸はヒタヒタの水で3時間以上戻し、水けを軽く絞って石づきを除く。粗みじん。
・ ゴボウは皮をこそげて2㎝長さのやや厚めのささがき。手早く水にさらしてアクを抜き、しっかり水けを拭く。
・ 玉ねぎ人参、しょうがはみじん切り。
② オーブンシートを敷いたまな板にサバをのせる。
③ 中骨の両側のを頭から尾に向かってスプーンでこそげる。
※ 血合い部分は使っても除いても、お好みで。
④ をスプーンで軽く叩いて身をほぐす。
⑤ フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を中火で熱しゴボウを炒める。
⑥ 全体にが回ったらサラダ油(大さじ1/2)を足し、サバを加えてほぐしながら炒める。
⑦ しょうが人参椎茸玉ねぎを加えて炒め合わせる。
⑧ @を加え、混ぜながら煮汁が少し残るくらいまで煮る。
⑨ 火を止めてそのまましばらくおき、味をなじませる。
※ 塩ゆでした絹さやを添えても◎

「ゴボウ入りサバそぼろ炒飯」

雑穀や玄米で作るとパラパラに。

材料(2人分)

サバそぼろ:1.5カップ
好みのごはん:300g
青じそ:20枚
卵:1個
焼き海苔:適宜
レモン:適宜

作り方

① 下ごしらえ
・ 青じそは軸を除きみじん切り。
・ ボウルにを溶きほぐし、ごはんを加えてサックリと混ぜ合わせる。
② フライパンにサラダ油(大さじ1~2)を中火で熱する。
③ ごはんをほぐしながら炒める。
④ 全体がパラパラしてきたらサバそぼろを加える。
⑤ さらに炒めて塩・コショウ(各少々)
⑥ 火を止め青じそを加えて軽く混ぜる。
⑦ 器に盛り、好みで焼き海苔をちぎってのせ、レモンを搾りかける。

「ピリ辛あんかけ茶碗蒸し」

おすすめ「栗原家」のレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました