【ビギナーズ】「コンビーフと野菜のホイル焼き」作り方

スポンサーリンク

NHK「きょうの料理ビギナーズ
「夏のスピードごはん」

今回は「ほったらかしでOK!ホイル焼き」であります。

材料をアルミホイルで包んでグリルで焼くだけのお手軽さと
開けるときのドキドキ、ちょっとしたごちそう感も嬉しい「ホイル焼き」

ここでは
コンビーフの旨みと塩気が全体に行き渡り
野菜のおいしさがUPするレシピをご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コンビーフと野菜のホイル焼き」

材料(2人分)

コンビーフ:1缶(100g)
玉ねぎ:1/2個(100g)
なす:1個(80g)
大根おろし:1/2カップ
ポン酢醤油:大さじ2
粗挽黒コショウ:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ コンビーフは食べやすくほぐす。
・ 玉ねぎは繊維を断つように1㎝幅。
・ なすはヘタを切り落とし7㎜厚さの輪切り。
② 25×40㎝のアルミ箔を縦長に置く。
③ 下半分にサラダ油(少々)を塗り広げる。
※ 材料がくっつくのを防ぎ、下からも油分が加わることで火の通りが早くなる。
④ サラダ油を塗ったところに玉ねぎをのせる。
⑤ なすを重ならないようにのせる。
⑥ コンビーフをふんわりのせ黒コショウをふる。
⑦ アルミホイルを向こう側から手前に半分折り、端をしっかり折る。
⑧ 空気が入らないようにさらにもう一度折る。もう一つ作る。
⑨ 魚焼きグリルの網にのせる。
【両面焼きの場合】
・ 強火8~10分焼く。
【片面焼きの場合】
・ 強火15~20分焼く。
⑩ 取り出して器に盛り、口を開いていただく。
※ 大根おろしとポン酢醤油を添える。

「豚肉と野菜のホイル焼き」

ホイル焼きのコツ

素材選び

・ 火が通りやすいもの
・ 生で食べられるもの
・ 水が出にくいもの
が向いている。
根菜類は向いてない。

【例】
ピーマンさやいんげんグリーンアスパラエリンギなどが◎

缶詰&野菜の組み合わせがお手軽。

コツ

① 野菜は細切りや薄切り。
② 野菜の上に肉や魚をのせる。
※ 野菜の水分で肉や魚がしっとりし、野菜にも旨みが染みる。
※ アルミホイルに油を塗って野菜を置き、その上に具材をのせてしっかり密閉する。

おすすめレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました