G-1N9MXZG78Z 【きょうの料理】「蒸し栗とれんこんの素揚げ」前沢リカの手仕事

【きょうの料理】「蒸し栗とれんこんの素揚げ」前沢リカの手仕事

記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。

秋の手仕事は
褐色の宝石「栗」の登場です。

ここでは
ほっくり仕上がる「蒸し栗」を作り
渋皮付きでカラリと揚げて
野趣を満喫するレシピを教えていただきました。

早速ご紹介します!

基本の「蒸し栗」

まずはアツアツを割っていただきます。

栗:20~25個(500g)

① を蒸気の上がったせいろ(蒸し器)に入れる。
② 弱めの中火45分蒸す。
※ 湯は途中でなくならないようにたっぷりと張る。

「蒸し栗の蜜漬け」

鬼皮をむくときに割れてしまった「蒸し栗」は
渋皮も剥いて蜜漬けにするのが◎

① 蒸し栗は鬼皮と渋皮をむいて50g準備。
② 耐熱の保存容器に入れる。
③ 小鍋に(1/4カップ)砂糖(40g)を入れて沸かす。
④ ②に注いで12時間おく。 

アイスやフルーツと相性抜群!

「蒸し栗とれんこんの素揚げ」

材料(2人分)

蒸し栗:6個
れんこん:5~6枚
塩:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ れんこんは薄切り。
・ 蒸し栗の頭の方に包丁を入れ、下に向けて鬼皮をむく。
※ 割れやすいので注意。割れたら蜜漬けに。
② 170℃揚げ油剥き栗を入れる。
③ 途中上下を返して4~5分揚げる。
④ 取り出してれんこんを入れる。
⑤ 同様に2分揚げる。
⑥ は好みで半分に割ってれんこんとともに器に盛る。
⑦ を振る。

今回紹介されたレシピ

栗の渋皮煮
栗のポタージュ・基本の蒸し栗・蜜漬け」
蒸し栗とれんこんの素揚げ・基本の蒸し栗・蜜漬け」

前沢リカさんのお店↓

七草 (駒場東大前/日本料理)
...

前沢リカさんおすすめレシピ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。

【2023年】
2月は渡辺麻紀さんの「柑橘の手仕事」 

1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「
7月は井澤由美子さんの「キュウリのパリパリ漬け
9月はムラヨシマサユキさんの「栗の甘露煮
11月は横山タカ子さんの「くるみ
12月は野本やすゆきさんの「タラの粕漬け

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました