rel 【あてなよる】「とろろ昆布の明石焼き」大原千鶴|昆布で呑む

【あてなよる】「とろろ昆布の明石焼き」大原千鶴|昆布で呑む

山村紅葉さんと木本武宏さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は
出汁として使うだけではもったいない「昆布」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの素敵なレシピです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「とろろ昆布の明石焼き」

日本酒をワイングラスで香り高く。
愛知産純米大吟醸。
酒米は雄町。

材料(18個分)

茹でタコの足:1本(80g)
日高昆布の戻し汁:200㎖
小麦粉:30g
卵:1個
太白ごま油:適量
とろろ昆布:適量
@梅昆布茶:2g
@熱湯:80㎖
青ねぎ:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ 青ねぎは小口切り。
・ タコはたこ焼き器に入る大きさに乱切り。
② ボウルに小麦粉を入れ、昆布の戻し汁を少しずつ入れて泡立て器で混ぜる。
③ を割り入れてよく混ぜる。
④ 熱したたこ焼き器に太白ごま油を塗る。
※ 無色・無臭のゴマ油。昆布の旨みや香りを活かすと思われる。
⑤ タコを入れ生地を流し入れ、とろろ昆布も入れて焼く。
⑥ @を混ぜ溶いて青ねぎを加える。
⑦ たこ焼きだしにつけていただく。
※ 表示より水多めで作ると大阪のふんわり感が出る?

「昆布で呑む」レシピ

昆布の冷やし中華
塩昆布のクリチボール
とろろ昆布の明石焼き
昆布巻きビッグチャーシュー

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました